カテゴリ:料理( 17 )

こんばんは。 牛込神楽坂 ラビチュード 料理長の鈴木です。

まず、初めに 5月15日(木曜日)にマイナビウーマン「グルメ通信」に載せて頂きました。
http://woman.mynavi.jp/article/140515-44/

取材でのちょっとしたエピソードは ホームページに書かせていただきました、気になる方は覗いてみてくださいね!
こちらがホームページです。    http://wp.at-ml.jp/68166/


前回は 「定番メニュー」 をご紹介したので、今回は 「最新メニュー」をご紹介します。


e0190216_2330830.jpg

ギリシャ風 野菜のマリネ
Legumes a la grec
*毎年 春・夏でしている野菜のマリネなので 定番? ともいえる感じですが、やはり季節を切り取ったような、さわやかな 酸味の美味しい 野菜たっぷりの一皿はご紹介したい前菜でした。


e0190216_23314966.jpg

トリッパ・モツ・豚ナンコツのグラチネ
Abats de porc gratine a la tomato
*豚の内臓料理です! こんな風に書くと『固い・くさい・・・』と言われてしまいそうですが、
柔らかいし 臭みも気にならないし 軟骨コリコリの食感も美味しいし 隠し味で根セロリを一緒にたいているんですよ。 カレーを少しだけ効かせたトマトソースとパルメザンチーズのオーブンで焦げた感じは最高に美味しいと思います!                   



e0190216_2335432.jpg

国産牛フィレ肉のポワレ ベアルネーズソース
Filet de bouef poelee sauce bearnaise
*写真のイメージ(赤ワインソース)とはずいぶん違っちゃいますが、国産牛フィレ肉にベアルネーズソースをたっぷりかけてご用意しています。 

ベアルネーズソースとは 香草を効かせた温かい ふんわりマヨネーズソースといったところ。

泡立て器で空気をたっぷりと含ませた 酸味のあるソースは仕上げに、刻みたての香草を加えることによって香り高いソースになります。   サシの入った牛フィレ肉にぴったりです!



e0190216_2336983.jpg

鹿肉とフォワグラのブリック包み カシス風味
Brik de chevreuil et de foie-gras au cassis
*春巻きの皮で包んで仕上げる 「ブリック包み」
今回は 鹿肉とフォワグラ に こだわりのカシスを使って仕上げました!
ちょっとスパイシーに仕上げてある鹿肉 に コクのあるフォワグラ  自然の甘みと酸味のカシス
バランスが見事にマッチしています。 シーズン限定なので一度お試しになってください。
[PR]
by lhabitude | 2014-05-17 00:04 | 料理
こんにちは。 牛込神楽坂 ラビチュード料理長の鈴木です。

今回は夜の定番メニューをご紹介します。


【ディナーメニュー】
¥2800(税込3024)

3種類のチョイススタイルで楽しんで頂いています。

ラビチュードコース   前菜 + 前菜  + メイン 
よくばりコース     前菜 + 魚(おまかせ)+メイン
クラッシックコース   前菜 + メイン + デザート
 
単品デザート   税込¥432 
コーヒー・紅茶   税込¥216


【冷前菜】
e0190216_1125244.jpg

ズワイガニとアボカドのマヨネーズ和え
Avocat au crabe et a la mayonnaise

e0190216_1414319.jpg
       
ワラサのカルパッチョ 
Carpaccio de warasa

e0190216_14151048.jpg

田舎風お肉のパテ・豚と鴨のリエット・とり白レバーのムース
Assiette de charcutiere

e0190216_14161369.jpg

冷製 若鶏もも肉のフォワグラ包み
Poulet au foie-gras au raisin



【温前菜】


e0190216_14204956.jpg

茹でたて白アスパラガスの自家製鴨の生ハム添え
Asperge blanche cuir et jambon de card fais ma maison


e0190216_14231971.jpg

エスカルゴとキノコのブルゴーニュ風
Sautee d’escargots au champignons avec chpeau de mille-feuille


【メイン料理】

e0190216_14252913.jpg

厚切り豚肩ロース(200g)のポワレ 黒コショウ風味
*こだわり!この厚みがジューシーさを引き出します. 
Echine de porc poelee au poivre noir


e0190216_14263717.jpg

オーストラリア産 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
*こだわりのボルドーワインで! Joue de bouef braisee au vin rouge

 

骨付き仔羊背肉のロースト  
Carre d’agneau rotie


e0190216_1428419.jpg

フランス産 鴨もも肉のコンフィー
   クルミオイルドレッシング  
Confit de canard a la vinaigrette de noix


【デザート】


e0190216_1435714.jpg

クレーム・ブリュレ ピスタチオ風味
Crème brulee au pistache

e0190216_14331425.jpg

特製モンブラン
Mont-Blanc


e0190216_14364426.jpg

しっかりチョコレート
Fondant chocolat

e0190216_14374577.jpg

特製 ティラミス
Tiramisu


e0190216_14383273.jpg

洋梨の焼きプリン
Clafoutis au poire
[PR]
by lhabitude | 2014-05-15 11:26 | 料理
こんにちは。 ラビチュード料理長の鈴木です。

今日はスペシャルディナー¥5000コースのご紹介です。

大切なお客様に5000円の【おまかせコース】のリクエストがございました。
いつも¥3024円のプリフィックスコースなので、とても久しぶりで新鮮でした。


 「アミューズ」
*旬のグリーンアスパラガスと自家製 鴨の生ハム シェリーヴィネガーソース
e0190216_16245581.jpg


 「スープ」
*長野県産 下仁田ネギとジャガイモ・黒トリュフのヴィシソワーズ 
e0190216_16252721.jpg


 「前菜」
*ズワイガニとアボカドのマヨネーズ和え ボタン海老と特製サラダ添え
e0190216_16261538.jpg


 「魚料理」
*桜マスのパリパリ焼き ギリシャ風春野菜添え
e0190216_1627968.jpg


 「肉料理」
*国産 牛フィレ肉のポワレ フォワグラのソテー添え 赤ワインソース
e0190216_16275730.jpg


「デザート」
*パティシエ 特製の盛り合わせ バースデイプレート
e0190216_1629913.jpg


本当に久しぶりでしたが、もともと 高級店で若い頃を過ごしたので、たまにコース仕立てでおまかせ頂くと楽しいですね。お客様にも楽しめて頂けたようでホッとしております。
ご希望があれば 喜んで作らせていただきますので、どうぞ お声をおかけ下さい。
料理長 鈴木でした。
[PR]
by lhabitude | 2014-04-15 16:33 | 料理
こんにちは。牛込神楽坂 ラビチュードの料理長鈴木です。
もう 春の香りがしてきましたね。 少し強い風も一足お先に咲き始めた桜も、すべてが4月の新スタートに向けて準備を整えているような気がします。

今日はお祝いにピッタリのラビチュードの素敵なサービスのご案内です。

e0190216_1720795.jpg



ご予約の際にお祝いの「デザートの盛り合わせ」をお願いして頂ければ、無料で豪華なデザート盛り合わせにメッセージを加えて サプライズでご用意いたします。
普段からたくさんの方にご用意しているこのプレートは大好評です。いつもしている サプライズだけど何だか最近ネタ切れで… なんてお客様のお希望にお答えしています。

ご予約のお電話お待ちしております。 
[PR]
by lhabitude | 2014-03-23 17:27 | 料理
e0190216_19335410.jpg

こんばんは。 料理長の鈴木です。おひさしぶりです! 1ヶ月も経っちゃいました。
皆さん 体調はいかがですか? ノロウイルス や インフルエンザ ・風邪 流行ってますね。みんなで諦めずにできる限りの予防をして乗り越えましょうね。


今日は昨年 秋に始めた「ラビチュード ファンクラブ」の 裏メニュー について少しだけご紹介しようと思います。 そもそも ファンクラブを作るに至った発想は
築地に通い 美味しい食材をお店の人から安く分けてもらえる。 だけど、 6人分しかできない とか メニューリストに載せてみると、いつもの人気メニューが目立ってしまい 「今」しか提供できないのに お出しできない!・・・
そんな料理人としての悩みを解決する方法として導入しました。 会員の方々のみにこんな食材入りました!こんな料理 ご予約でおっしゃって頂けたら作ります! とかですね。

e0190216_19431428.jpg

今現在 多くのオーダーを頂いている 「山鳩とフォワグラのパイ包み」
以前に鴨のパイ包みをしていたのですが、 今シーズンは当店は【ジビエに親しんでもらおう!】というテーマがあったので お安いプラス料金で山鳩を使わせていただきました。


e0190216_19443969.jpg

これまた 残りわずかとなりましたが、イノシシを半頭 入荷できたので、イノシシのパテを作らせていただきました。 気になる香りはほとんど感じず、コクと風味だけが楽しめる 美味しいパテが出来上がりました。 これはお声をおかけして頂いたテーブルにプレゼントしています(笑)


e0190216_19464775.jpg

これはルバーブのスープですね。 いちご 伊予柑 グレープフルーツ ・・・ 色々なフルーツと一緒にルバーブのコンポートをスープ仕立てにしてご用意しています。 こちらは 裏メニューというより、「すぐなくなっちゃうんで皆さん 来てくださいねー!」という感じに お伝えしました。


この先もファンクラブの方を喜ばせられる メニューをご用意しようと思っています。 残念ながら あまりに沢山の方がファンクラブに入ってくださるとそれはそれで、楽しんで頂けないと思い 期間限定で定員になり次第ご遠慮いただこうと思っています。 ごめんなさい。


さらにこの先にご用意しようと思っている お料理を少しだけ。



e0190216_2002153.jpg


熱々のとうもろこしのポタージュです。
一見 いつものラビチュードのスープシリーズの一つのような気がしますが、 これは新作のポタージュなんです。
なんと、 熱々のフォワグラのソテーを下に忍ばせてあるんです。
ナチュラルな甘いとうもろこしのポタージュにコクのある香ばしいフォワグラ! 絶品です!
これも食材の関係でず~とお出しできるわけではないので、良かったらファンクラブに入ってお電話くださいね。


e0190216_20102610.jpg

こちらはちょっと春の先取りです。
「ほろほろ鳥 と 根セロリのテリーヌ」 ですね。
これも 毎年春に一度はご用意しているテリーヌで、根セロリとトマト ズッキーニ 人参 が入っている優しいテリーヌです。
フランスのゲランド地方のミネラル分たっぷりの塩を最後に添えてご用意致します。


 
いかがでしたでしょうか? 久しぶりだったのでつい沢山のお料理紹介になってしまいましたが、この他にも定番と呼んでいる、「特大 鴨のコンフィー クルミオイルドレッシング」 や 「オーストラリア産 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」 「厚切り 豚肩ロースのポワレ 黒こしょう風味」 ・・・など。 新作をものともせずに、居続ける料理が沢山あります。 どうぞ 一度 鈴木に騙されたと思っていらして下さい。 お一人お酒を飲んで ¥4000円台でおさまります。 
帰るころにはお腹もパンパンで笑顔でお帰り頂けると思いますよ。

「日本一 敷居の低いフレンチ」 ですからね。

ラビチュード 料理長 鈴木祐介







  
[PR]
by lhabitude | 2014-02-04 20:42 | 料理
こんばんわ 今日はマメにアップできていないので まとめて秋のラビチュードの味覚をご紹介です。

e0190216_21544697.jpg

新登場!! 【豚バラ肉のシェリーヴィネガー煮込み 橙(ダイダイ)風味】
以前から作ってみたかった料理で 甘さと酸味のバランスが美味しい 柔らかいとろける煮込みですね。
季節の橙(ダイダイ)の皮を直前にすりおろして風味付けをしています。
橙は皆さんのイメージだと お正月のお餅の上に乗っているオレンジ色のものですよね。
僕はまだ まっ青な酸味の強いものを使います。 今日 写真はご用意できませんでしたが、とっても美味しい橙のシャーベットもメニューに載りましたよ。


e0190216_21553499.jpg

3年ぶりに【北海道産 ホタテ貝と白身魚のテリーヌ バジルソース】を作りました。
ソースはバジル風味のマヨネーズソース 今回はランチでお出しして、好評をいただきました。来週 今度は夜のメニュー用に中央にオマールエビを挟んで ご用意しようと思います。 作る前から美味しいだろうなとワクワクしています。


e0190216_21563236.jpg

僕がお魚の高級食材を使いたくなった時に尋ねる 築地のお魚屋さんに今回はサバをいただいてきました。ちょっと高くて贅沢な感じです。 ハーブの入った塩で一晩マリネして、白ワインヴィネガーで身と味を引き締めます。 〆サバ フレンチヴァージョンですかね。 脂が乗って酸味がきいて、山盛りサラダと一緒にいただきます。 おいしいですよ~


e0190216_21571410.jpg

今回 特別にサンプルとして極上 クリームを頂戴いたしました。 お菓子作りを任せている 僚君にティラミスにしてもらいました。美味しい 美味しい 美味しい!!! こんな感じです! 舌触りがなめらかな事 この上ないですね。 正直 今まで食べた中で一番おいしいですね。 (笑)


e0190216_21573559.jpg

きれいに写真が撮れたので。 という理由の一枚です。 偶然なのですが、 神秘的な写真になりました。水の中に入っているのは NZ産 ビーツです。 きれいでしょ! 黄色い ゴールデンビーツ と渦巻き状に白と赤のコントラストがきれいなビーツ。 両方とも茹でると甘くて 株のしっかりしたような食感で美味しいですよ。さすがにこのビーツたちはスーパーには並んでいないんじゃないかな?!と思って できるだけ ランチにも出せるようにと 心がけています。


e0190216_21582356.jpg

この間 ご紹介した 12月の土曜日ランチに行われる 酒屋ブドウ屋さんとのコラボ
「ワイン会クリスマス企画」のお料理が決まったので一足お先にご紹介です。

前菜は 定番 【田舎風お肉のパテ と とり白レバーのムース ポルト酒風味】
ワインはフランスだけでシャンパンから10種類のご用意ができますので、楽しんで頂けたら良いなと思います。


e0190216_2223295.jpg


【鮮魚のポワレと茸のクリームソース トリュフ添え】
お魚はその日の朝にピンピンのものをご用意しようと思います。 せっかくのクリスマス会なのでちょっと贅沢に黒トリュフを添えようと思います。


e0190216_2224192.jpg


【オーストラリア産 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み】 
これもすっかり 定番ですが、 やはり ボルドーの赤ワインにはラビチュードのホホ肉はベストマッチだと思います。やわらかくて 美味しくて 安心な一皿ですね。

やはり 秋 冬 寒さが増して行くにつれて 濃くて魅力的な食材が増えてきます。 次々に料理も追っかけて行こうと思いますので次回も楽しみにしていてくださいね。

あっ そうだ! 近々 ぐるナビ 食べログ ではない正式な ラビチュードホームページを作ることにしました! ファンクラブなんかも作って行こうと考えています! ラビチュード好きな人 集まれーー! っていう感じです。 みんなで美味しいご飯に囲まれて 楽しい時間を過ごしましょうね。  鈴木祐介でした(笑)
[PR]
by lhabitude | 2013-10-25 14:29 | 料理
e0190216_21443221.jpg

e0190216_21455373.jpg
e0190216_21465313.jpg
e0190216_21472451.jpg


こんばんは! いよいよ涼しくなってきましたね。 築地にも色々なキノコが見られるようになってきました。上から 下の軸の部分が青い 「ピエ ブルー」 真っ黒でトランペットのような形をしている 「トランペット デ モー」 オレンジ色きれいな あんず茸とも呼ばれる 「 ジロル 」 どのキノコもそれぞれ風味高く 複雑な味と土の香りが強くします。 どれも高級キノコで秋になると一斉に高級店ではお肉の付け合せに使われますね。

ラビチュードではジロル茸を八百屋さんから特別に分けて頂きました。
「ほろほろ鳥と青森県産にんにくのロースト フランス産ジロル茸添え」 で楽しんで頂こうと思っております。

ラビチュードの良いところはとにかく、やっぱりコストパフォーマンスかな?!¥2940円でプラス料金無しでジロル茸をお肉の付け合せで使っているところなんてうち位じゃないかな?!
まぁ~自信満々で言うわりにはちょっとしか毎回 ご用意できないので心苦しいのですが、 ご用意できたら全力でお客様にぶつける だけなので頑張るしかないですね。




e0190216_21215458.jpg

みやこカボチャです。このカボチャはただでも甘~いものを八百屋さんの冷蔵庫でゆっくりゆっくり熟成させるんです。そう、頭のポッチ押すとヘッコんでしまうくらいに熟成させるんです。7月中旬に仕入れてもらったので、かれこれ3ヵ月経とうとしています。どうでしょう 今月の終わりくらいには美味しいスープとして登場できるかな?! 
e0190216_21352244.jpg




e0190216_21375650.jpg

「お祝いプレート!」です。 夜のご予約して頂いたお客様に無料でプレゼントしている盛り合わせデザート。
パティシエ担当の僚君が腕によりをかけて作ります。 イメージはお祝いなんだから 「派手にど~ん!」って感じだね。と二人で決めたラビチュードお祝いスタイル。 皆さんにはご好評をいただいて ファミリーや仲良し4人組がそれぞれの日に当店でお祝いしていらっしゃいますね。


料理人としてワクワクドキドキしてくる季節の到来です。 ドキドキがお客様に伝わりますように、
「さぁ~行って来い!」 と声をかけながら お皿を届けようと思います。    料理長 鈴木祐介 
[PR]
by lhabitude | 2013-10-03 22:06 | 料理