カテゴリ:ワイン( 9 )

こんにちは。牛込神楽坂ラビチュードの鈴木です。
いよいよ、来週からは天気が良くなるみたいですね。涼しい「秋」の始まりですね。

ファンクラブ感謝祭も大盛況で、次のイベントは10月・11月のワイン会ですね。
僕はソムリエは残念ながら持っていません、ワインの事はあまり詳しくわかっているわけではありませんが、「美味しいワイン」と「楽しいごはん」のマリアージュならご提案できますよ。
もし気になったらお店にご連絡下さい。ご予約承ります。
e0190216_1842047.jpg

10月15日(土曜日)
19:00~21:00
会費 5400円 (当日現金でお願いいたします。)
場所 ラビチュード
テーマ「秋 旬の食材と最新のお気に入りのワインを楽しもう!」

11月19日(土曜日)
19:00~21:00
会費 5400円 (当日現金でお願いいたします。)
場所 ラビチュード
テーマ「2016年 今年のボジョレーヌーボー と マリアージュ料理を楽しもう!」 

さて、第5回 ビストロ料理紹介です。
いつも何をご紹介するかを書き始めてから考えるのですが、今日は
「クレーム ブリュレ」にしようと思います。。
e0190216_18275010.jpg


クレーム=クリームの事
ブリュレ=焦がす という事   で 「表面をこんがりキャラメリゼしたプリン」ということですね。醍醐味はやはり パリッとした表面のキャラメルですね。
ちょっとこげた? 香ばしくて、少しほろ苦いキャラメルとクリームの濃厚な味が見事にマッチします。
こだわっているお店ほど、薄くて浅いクレームブリュレ用のお皿で、より濃厚なクリームが隠れていますね。 キャラメルにこだわりすぎて、焦げてしまっているお店もたまに見かけますが、気持ちは痛いほど良くわかります(笑)

皆さん もちろんご存じとは思いますが、コンビニのあれは クレームブリュレではありません。
ちなみに個人的に「プリン」としては好きですけどね。
やはり、レストランならではのデザートですね。


次は「ラタトゥイユ」です。
e0190216_18502887.jpg


南仏野菜と云われる ナス・ズッキーニ・パプリカ・トマト・ニンニク…など太陽の恵みを一身に受けた野菜たちを煮込んだものです。

このお料理もまた、シェフの数だけこだわりが違います。
僕のこだわりは、3つです。
・それぞれの野菜を煮込むことで一つの美味しさになっている事。
・オリーブオイルでいため、美味しさを増すために白ワインを使うんですが、「酸味」と「オイル」のバランスがとれている事
・野菜の甘さが引き出せるように、少し崩れるくらい煮込むこと。

なんか、書いていて皆さんに伝わるかな???なんて思いながら書いていますが、
要は「食べだしたら止まらないラタトゥイユ」を目指してるということですね(笑)

僕にとってラタトゥイユは表には出てこない、隠れたこだわりの一品ですね。


3皿目は「厚切り豚肩ロースのポワレ 黒こしょう風味 ジャイモのピューレ添え」です。
e0190216_1940563.jpg


これは僕の師匠であるロワズィールの大坂さんから教えてもらった料理であり、ビストロの定番?とは少し思いますが、ご紹介させてください。

まず、コレ!本当に美味しいですよ!
食べた人は次回来てもこれを注文してしまうと思います。ジューシーで肉汁があふれだし、下に引いてあるバターたっぷりのじゃがいものピューレと絡み合います。

以前にも書いたことがありますが、フランス料理は「肉」と「じゃがいもの」の食文化です。
やはりこれが王道の組み合わせだなと、つい思ってしまいます。

ランチでもご用意できるので食べてみてください。

今日はここまでです。
最後までお付き合いありがとうございました。ビストロの美味しいごはんをもっともっと、身近に感じて頂けるとうれしいです。では、また気が向いたらご紹介させてくださいね。

ラビチュード鈴木でした。


★ラビチュードでは来年の3月から一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。
アットホームな雰囲気でみんなでまじめにお料理を作ってます。
有給で 「体験・研修生システム」がありますので、気軽に鈴木までお電話くださいね
[PR]
by lhabitude | 2016-09-28 14:47 | ワイン
こんにちは。牛込神楽坂 ラビチュードの鈴木です。
前回が桜のお話だったので、ずいぶん時間がたちゃいましたね。

今日は久しぶりにワインのお話をしようと思います。
4月・5月とワイン会をさせて頂いたのですが、とっても楽しくおしゃべりができました。
ブショネ(コルク臭がワインに移ってしまっているもの)のワインなども試していただいたりして、普段ワインを飲んでいるだけでは、わからないお話や、経験をしていただけたと思います。

ラビチュードではず~とフランスワインにこだわりを持って、ワインリストをご用意していたのですが、消費税8%の導入と共に、色々な国のワインをご用意することにしました。
今日はそんな コスパ120%のワインをご紹介しちゃいますね。

フランス  泡  シャルドネ100%
「ブラン ド ブラン ブリュット」
スパークリングワインですが、しっかりとした発砲に キレのある酸。
ランチではなんと!!1本 2000円です。 業者さんありがとうございます!!!


イタリア 白 シャルドネ 2700円
「フェウドアランチョ」
このシリーズはカベルネやシラー・ピノグリージョなんかもあります。安さと飲みやすさが大うけです。
e0190216_19503299.jpg



南アフリカ 白 シュナンブラン100% 2700円
「オーカ」
トロピカルフルーツや青りんごの香りがする 「夏」ワインですね。
酸はほとんどないのに すっきりです。
e0190216_19584035.jpg



スペイン 白 ミュスカ100% 3100円
「スマロッカ」
マスカットの甘い芳香に包まれます。 が、とっても辛口です。
このギャップがグイグイ飲めちゃう秘密です。 
e0190216_19592320.jpg



ハンガリー 白 リースリング100%  3900円
「パンノンハルミ トリコシュ ホワイト」
白い花の香りがして、みずみずしい果実味 おいしいですよ。
e0190216_19595467.jpg


イタリア 赤 モンテプルチアーノ ダブルッツォ100% 3300円
「ファンティーニ」
フランスにはない感じで、重いのにシンプルな味わい、とっても飲みやすいです。
e0190216_2003245.jpg



せっかくなので フランスも少しだけ。
「ノヴェラム」 白 シャルドネ 3500円
南のシャルドネですが、驚くほどのコスパで、ブルゴーニュのシャルドネが高くて使い辛いので、ありがたい一本です。
e0190216_2024837.jpg


「ラ・ボーム」 白 ソーヴィニヨンブラン100% 4310円
これも南で作られますが、 添加物が入ったような変な美味しさがなく、きれいで ピュアな味わいがお客様を笑顔にしています。
同じ値段で 赤 シラー100%もありますが、こちらも美味しいですよ。
e0190216_2018100.jpg


「シャトーグルリエール 2000年」 4110円
「シャトーカフォル    2005年」 4530円
両方ともボルドーの赤ワインです。00年 05年とビッグビンテージ

グルリエールは ちょっと枯れた 強かったのに丸く柔らかくなった 優しい感じ。

カフォルは今 飲みごろのピークを迎え、まろやかで 複雑で 土の香りがして・・・ おいしい。
e0190216_2052354.jpg


この2本の他にも頂戴しているのですが、神保町にある「アストル」というボルドー専門の
ワイン屋さんから分けて頂いております。本当にいつも勉強させていただき、価格も抑えて
こんなに美味しいのに こんなに安くて大丈夫???といつも思っております。感謝です。

まだまだ ご紹介したいですが、今日はこんな感じでおしまいです。 常にアンテナを張って色々な美味しくて安いワインをご用意しています。 残念ながら入荷が終わってしまうワインも多くございますが、お声掛けしていただいて コミュニケーション取りながらお好みのワインをご紹介できたらと思います。

ラビチュード鈴木でした。
[PR]
by lhabitude | 2016-05-19 20:15 | ワイン
こんにちは。 牛込神楽坂 ビストロラビチュード 料理長 鈴木です。

昨日まで涼しい 「冷夏」な感じでしたが、今日はまた 暑さが戻ってきている感じですね。
体調管理には一段と気をつけようと思います。

e0190216_18165861.jpg


今日は 安いワインの美味しい飲み方教えます!(笑)


最近は美味しいくて値段の高いワインを飲んだ経験のある方が多いですよね!
ワインを扱う 僕たちにとってはとっても嬉しい事です。

僕は20歳? になって はじめて飲むワインはどうせだったら 友達と居酒屋じゃなくて お父様など大人の方と一緒にできるだけ高いワインを味わった方がいいと思っています。
「ちょっと!! コレ なに? 初めて飲んだけど 美味しい!」 っていう感じが大切だと思っています。

けれど、毎回 高級ワインというわけにはいかないですよね。
「東京で一番敷居の低い!フレンチレストラン」 といったって やはりラビチュードでもグラスワインを飲んでご飯を食べたら4000円はしちゃいます。

今 ラビチュードでは以前もお伝えしたように 2884円のボトルを多くご用意しています。1本でグラス6杯とれるので1杯480円です。 安くても もちろん美味しい!と思って置いています。
e0190216_18182066.jpg

ここで 安いボトルワインを美味しく飲むための コツ を教えます。ちゃんと覚えて次回 みんなで飲むときに教えてあげてくださいね!


① グラスはなるべく 小さなグラスで飲みましょう!
これは グラスには小さいものから大きいものまで ワインのポテンシャルによってさまざまな形のグラスで楽しむのですが、大きなグラスになればなるほど、 より美味しくない要素も拾えてしまいます。なので、小さなグラスで飲んでください。

② ワインを空気に触れさせるために回す作業は飲む瞬間に1度だけ!
これは ①と似ているのですが、 ワインはコルクを抜栓してから 空気に触れることでよりたくさんの香りを引き出して楽しむお酒です。 確かに空気と触れさせればグラスの中で美味しい香りに包まれます。 ですが、なんせ もともと持っている香りの強さが安いワインだと少ないのです。 
いたずらに ワインを回し続けるのはむしろ香りを飛ばしているようなものです。止めた方がいいと思います。

*ちなみに僕はグラス一杯で1万円するようなワインでも 一回ししかしません。 ワインが勝手に空気にふれあっていくのを じーと 楽しんでいます(笑)

③ 温度は常温よりも低めのほうが美味しいかも?!
これは 本当にワインによってまちまちですので、言い切りにくいのですが、ワイン自体の温度が上がってしまっても 香りがどんどん 逃げて行き、えぐみがどんどん出てきます。
*ワインは冷たい方がキレがあってシャープであり、常温に近づけば 風味が増し 持っている特徴が表に出てきます。なので安いワインだと 美味しくない部分の特徴も沢山出てきてしまうという事です。

こんな感じです。 覚えておくと よりいつものワインが美味しく飲めますよ。

ちなみに良く聞かれるのが、「高いワインって どういうものですか?」という質問です。
僕は「何だかわからないけど グイグイ飲めて、飲み終わった後もブドウの香りがず~と漂っているワインの事だと思いますよ」 と答えております。



僕は遊びでお客様に3種類のグラスでワインを楽しんで頂くことがあります。
①ちょっとタテに長い ボルドータイプ   のグラス
②丸みを帯びた    ブルゴーニュタイプ のグラス
③高級なグラス

*これはあくまでお遊びです。 いつもは、ソムリエが自分の経験から最適なグラスを用意して最上の状態でお客様にワインを楽しんで頂だいています。 


ボルドーグラスとブルゴーニュグラスで飲んでみれば、まったく違います! 好きなワインを選んで 飲み比べてください!知識でなく お好みで選んで飲んでください。まるで違うワインを飲んでいるみたいですよ。どうぞ お好みの形のグラスでお楽しみください。

③は本来 同じ質のグラスしかレストランには置いていないので、なかなか 比べることが難しいですが、当店には同じような形で 400円と4000円のグラスがあるんですよ。 さぁ~ 高級グラスで飲んだら本当にワインも美味しく感じるんですかね?!



なんだか、専門でないワインの事で 沢山お話ししちゃいました。 

なんとなく飲む機会の増えてきたワイン。とても熱心に学校に通っている人もいるけれど、美味しく飲めたらそれでいいのに…。 どうぞ ラビチュードへ来てみてくださいな。「 あっ なんか おいしい! 」 って思える時間とご飯をご用意しています。 



ラビチュードは明日 8月18日(月) ~ 21日(木)まで 夏休みをいただきます。 22日のランチから通常営業しておりますので、どうぞ 顔を出してくださいね。                   料理長 鈴木
[PR]
by lhabitude | 2014-08-17 18:34 | ワイン

こんばんは。 牛込神楽坂 ラビチュード料理長の鈴木です。 
いよいよ 蒸し暑くなってきましたね。 ラビチュードも今日から蚊取り線香 スタートです!


今日は当店のワインリストを公開します!

それぞれ 売り切れ御免でどんどん変わっていきますが、リサーチして リサーチして
コストパフォーマンスの良いものからオンリストしていきます。


ラビチュードワインリスト 他のお店には無い大きな特徴が3つあります!。

① 2884円 というお手頃で 美味しくて 頭の痛くならないワイン が7本もある!
② 4000円以上のボトルは、ほとんど デキャンタ500ml(グラス4杯分)で 開けられる!
③ ディナーなら 『クーポン ボトル1000円引き』 を使う事でとてもお値打ちでワインを楽しめる!




 ≪グラスワインは白・赤は¥648でお任せでご用意させていただいております≫

やや甘1   2   3   4   5辛口       *価格はすべて税込みです


【発砲】

 チリ  バルディビエソ ブリュット           シャルドネ ピノ ノワール
2 チリで最も有名な作り手で、白い花のアロマを持つスッキリとした発砲    ¥2,884

仏    クレマン ド ボルドー     ラテイロン  セミヨン ソーヴィニヨンブラン
5 シャンパーニュ製法で作られたクレマンは美味しい切れ味で食も進みます。¥4,326

仏    リュエル ペルトワ                 ピノ ノワール シャルドネ
5 当店の定番に昇り詰めた 飲み心地が爽やかなシャンパーニュ       ¥8,446


【 スタッフ おすすめ!白ワイン 】

e0190216_2258150.jpg

(調理スタッフ 僚君のコメント)
 これから「夏」で蒸し暑くなる季節にぴったりの女性向け 辛口白ワイン。
「 2012年 リースリング   メイエ フォンネ 」     
ワインを普段 あまり飲みなれない方も アルザスの白い花や蜂蜜の香りに誘われて 美味しくいただけます。 価格も4人で1本にちょうど良い コストパフォーマンス120%のおすすめワインです。



e0190216_2322892.jpg

( ソムリエ 小森君のコメント)
「 2011年 ボジョレーブラン  アンリ フェシー 」
皆さんのイメージする ボジョレーワイン とは まったく違う 美味しくて 飲みやすくて 軽やかで 心地よい気持ちにさせる ボジョレーブラン  是非 在庫限定の今でこそ 飲んでほしい 白ワインです。


【白ワイン】

仏   ミュスカデ コート ド グラン リュー  ラ グランジュ   ミュスカデ100%
5 切れのある辛口 安いのでとりあえず1杯目にぴったりです  2011     ¥2,884

仏   ペイ ドロー      マス ド ドマ ガサック   ソーヴィニヨンブラン クレーレット
3 ハツラツとした果実味と酸のバランスがグッド           2011     ¥2,884

スペイン  スマロッカ                          ミュスカ100%
4 マスカットの芳香に包まれる 辛口です               2013     ¥3,250

仏   ボジョレーブラン    アンリ フェシー         シャルドネ100%
3 「樽」「コスパ」  説明は「お得」につきますね           2011      ¥3,579

仏   ジョンティ        メイエ フォンネ          2012     ¥3,914
2 葡萄の長所が重なり美味しい!バランスが良くて飲みやすいです
                             リースリング・ミュスカ・ピノブラン

仏  シャトー パラディー            グルナッシュブラン 2012
3 口当たりが良く、南国フルーツを思わせる芳香と優しい酸味があります     ¥4,017

仏   リースリング     メイエ フォンネ リースリング100% 2012    ¥4,635
3 ハチミツのような香りにキリっとした酸味 アルザス好きには定番の一本です

仏 コート シャロネーズ  ビュキノワーズ     シャルドネ100%
3 口の中に摘み取ったブドウの果実と樽香が広がります     2008      ¥4,635

仏 ジェ ド シャトー ギロー          ソーヴィニヨンブラン80% セミヨン20% 
3 樽熟成の最大の恩恵を得て ボディーが豊かに熟成しています  2011    ¥5,562
  ソーテルヌ地方の格付け 1級

仏 サン ヴェランクルーズ            シャルドネ100%
4 樽の芳香 と 絶妙な酸 美味しい!!                 2011    ¥5,665

仏 ヴーヴレイ     ル マリニイ       シュナンブラン100%
5 キリッとした辛さが特徴で 品の良い香りが口の中に広がります  2011    ¥6,077

仏 クロ ド シュノーヴ ブラン   ノエル ぺラン  シャルドネ100%
3 実力派の歴史ある一流畑の飲み頃ワイン                2002    ¥7,004

伊 トレンティーノ     ロンガリーヴァ      ソーヴィニヨンブラン100%
4 葡萄の美味しさが口の中にあふれだす 美味しい!          1997    ¥8,652

伊 アルトアジジェ     サンクト ヴァレンティン   シャルドネ100%
4 北イタリア産で酸味も丸く 樽の香りが口の中に広がります      1998    ¥8,652

仏 サン ペレイ     エルヴェ スオー     マルサンヌ・ルーサンヌ
3 15年間の熟成により角が取れ 旨みが凝縮し とろけます      1999    ¥9,061


【 スタッフ おすすめ 赤ワイン 】

e0190216_23343142.jpg

( 調理スタッフ 僚君 おすすめ )
絶大な信頼をおいているボルドー専門ワイン業者のアストルさんから今回も見つけてきました。掘り出し物!
「 2002年 シャトー ラ クロット ド サンジャック 」
12年の熟成期間を経て 今が一番の旬ですね!渋み 酸味 コク バランス しかも 安い! 
アストルさんはすぐになくなってしまうので、いつまであるか 不安ですが、ボルドーの赤ならコレですね!



e0190216_23425932.jpg

( ソムリエ 小森君のおすすめ )
飲み頃と言ったら これでしょ! 今でしょ! もちろん
「 2001年 ブルゴーニュ ピノノワール    ベルナール ド ラグランジュ」です。
とにかく安い! ラビチュードの料理 ディナーコースは¥3024円のみ  という事は
自然と 高くて 美味しい ブルゴーニュ赤ワインは少なくなってきます。 
なのに、安くて 美味しくて 練れていて 食事に合う。 自信を持ってお勧めします。
ボルドーよりも ブルゴーニュでしょ! というラビチュードファンの皆様  これを飲んでください!



【赤ワイン】         M は ミディアムボディ / F は フルボディ             

伊 ラリナム モンテプルチアーノ ダブルッツォ       モンテプルチアーノ100%
M みんなが笑顔の 頭の痛くならない素敵な赤ワイン          2010    ¥2,884

仏 コートデュローヌ     シャトーデコレージュ     シラー グルナッシュ サンソー
M カシスを想わせる香りと旨み スパイシーなお手頃ローヌ      2011     ¥2,884

仏 ペイ ドロー  マス ド ドマ ガサック         シラー グルナッシュ サンソー
M 丸みがあり 果実味もあり 心地良く 飲み易いです         2011     ¥2,884

仏 フォジェール        シャトーシャべール        グルナッシュ シラー 
M 甘み・酸味・渋み・重さ バランス良く、みんなが楽しめます     2012     ¥2,884

仏 シラー      ルイ シェーズ   2008           シラー 100%
M フランスのシラー100% 食事と一緒が美味しいマリアージュです          ¥3,296

仏 シャトー ローラン ラ ギャルド         メルロー85%カベルネソーヴィニヨン15% 
F いかにもボルドーらしい コスパが素晴らしい1本です         2010     ¥3,914


仏 ジュリエット     シャトーフォンドゥース        グルナッシュ シラー
M 飲みやすい! バランス良く熟成された南の練れた一本       2008     ¥4,050

仏 コート ド プロヴァンス   ソラン    2011    シラー ムールヴェードル
M 南仏の太陽の下 エネルギッシュで明るい タンニンも丸く 飲み心地がよい   ¥4,635

伊 ロンコ ノーレディ レナルド                 メルロー レフォスコ
F バランスが良くて飲みやすい!コスパ抜群!飲んでみて!      2012     ¥4,875

仏 ブルゴーニュ ピノノワール  ベルナール ド ラグランジュ     ピノノワール100%
M 酸味が旨みに変わり、本来の美味しさが前面に出ています      2001     ¥4,989

仏 シャトーラ クロット ド サンジャック  カベルネソーヴィニヨンメルローフランマルベック
F 12年の熟成で 信じられないコストパフォーマンスの良さです!!  2002     ¥5,280

仏 レ テラス       シスト           カリニャン グルナッシュ シラー 
M 飲み口はグルナッシュの美味しさが広がり 豊富な果実味に驚かされます
     素晴らしいポテンシャルです              2011      ¥5,665

仏 オート コート デュ ニュイ V.V  ピエール ネジョン   ピノノワール100%   
M 口の中で香りが広がり 余韻も長く ついワインに浸っていたくなるような そんなワインです
                                    2007      ¥6,189  

仏  シャトー ド キュガ   フランシスメイヤー  メルロー カベルネソーヴィニヨン・フラン
F 凝縮感とエレガントさを備えた 美味しい 美味しい ボルドーです  2008      ¥7,200

仏  プピーユ                    1996        メルロー100%
F 骨太感、力強さ感ではなく 繊細な味わいがお好みの方に向いています        ¥7,416

仏 ボーヌ レプノー 1er パラン      2002      ピノノワール 100%   ¥9,900
M 飲み応え抜群の余韻と芳香 ビックヴィンテージの滑らかで上品な口当たりを楽しんでください

仏 シャトー ダレム              1998    カベルネソーヴィニヨン・メルロー
F 注目の地域より 注目の生産者の 注目の良好年もの                 ¥12,000
[PR]
by lhabitude | 2014-05-17 23:05 | ワイン
e0190216_16353956.jpg


こんにちは。クリスマスワイン会 開催決定!
12月7日・14日(土曜日)のランチ
ブドウ屋さん コラボ企画です。 
フランスワイン10種類  シャンパーニュからスタートし 
お料理はワインとのマリアージュを考え 楽しんでいただきます。

具体的に決まり次第 またご報告しますね!       鈴木
[PR]
by lhabitude | 2013-10-13 17:02 | ワイン
e0190216_2203315.jpg


こんばんわ 昨日  第一回 ワイン会をしました! 

今回のワイン会は 5種類 4か国 白2本 赤3本で 着席で お食事はそれぞれがマリアージュするように4皿構成にしました。   楽しかったです!!!!!

ワインはサービスマンのカツヲさんが自慢のコレクションの一部からご用意しました。すべて90年代です。 もー 美味しそうで 美味しそうで!! 僕もサービスに加わりましたが、 僕がお客さんになりたかった!  


       ワイン                               お料理


                            *ズワイガニとアヴォカドのマヨネーズ和え
①イタリア白 トレンティーノ ソーヴィニヨンブラン          ワカサギのエスカベッシュ
      Longriva '97                      鮮魚のカルパッチョ
                                  (盛り合わせ サラダ仕立て)


②アメリカ白 サンタ・バーバラ シャルドネ     *茹で立て 白アスパラガスと自家製鴨の生ハム           Au Bon Climat '94

                              *お肉屋さんの盛り合わせ                       
                (豚と鴨のリエット  田舎風お肉のパテ とり白レバーのムース)
③スペイン赤  リベラ・デル・ドゥエロ テンプラリーニョ                                       alion '95


④フランス赤 フロンサック chateau Dalem '98
                               *牛のほほ肉の赤ワイン煮込み


⑤アメリカ赤 ナパ・ヴァレー ”ルピコン” Niebaum Coppola '94


こんな感じで3時間ぐらいかけながら ゆっくりと楽しんで頂きました。
僕もとっても楽しい時間でした。

あっ 今回の会費はお料理2800円で ワインは各自の入札制で  トータルお一人平均 5300円でした。 20%の震災募金へは¥10020円でした。 ご協力ありがとうございました。 



少しずつ入会していただいているファンクラブのみなさんにも早く こんな楽しくて美味しい 時間が提供できるように頑張りますね。                 鈴木祐介でした。

e0190216_2294528.jpg

[PR]
by lhabitude | 2013-07-21 22:16 | ワイン
e0190216_21505616.jpg

こんばんわ あと2時間でボジョレ 解禁ですね!!
今年も昨年に引き続き 2種類 ご用意しました。
僕の大好きな 大好きな ナチュラルなワインをつくる マルセルラピエールさんです!!
でも お亡くなりになられてしまいました(泣) で、息子さんの登場です!
ずっと一緒にワイン作りをされてきたという事でとりあえず 今年のボジョレ ムフフ 楽しみです。
今年は例年に比べて 収穫量が少ないとのこと。 どうですかね? この飲むまでわからないこの時間がたまりません。
ちなみに お値段は¥8100です。 ラビチュードとしては高価なボトルですね。でも 本当に美味しいんですよ。 

毎年お忙しい中 都合をつけてボジョレを飲みにいらっしゃる常連の6名様がいらっしゃるんですよ。
皆さんの笑顔を今年も見れるかと思うとワクワクします。

e0190216_21511059.jpg


こちらは激安ボジョレです! 皆さん ボジョレって安いワインと思っていませんか?! 
実はグラスワインでも¥1050円はいただかないといけない 結構高いワインなんですよ!
そこで通常グラスワインの値段で美味しいものを出せないかと思って探し出したのがこれ!
¥630ですよ! フレッシュなボジョレをがぶ飲みするのにピッタリです。
やっぱり ラビチュードにはお財布に安心がないといけませんよね。
[PR]
by lhabitude | 2012-11-14 22:14 | ワイン
こんばんわ 今日はラビチュードの赤ワインのご紹介です。
今回はボルドーです。

e0190216_21192172.jpg

シャトーカンサック ’05         ¥3200円
カベルネソーヴィニヨン 60% メルロー 35% カベルネフラン 5%

タンニン(渋み)が優しく ビッグビンテージにもかかわらず安い! コストパフォーマンスは最高ですね。

e0190216_21201325.jpg

シャトー ラ ゴルス ’01        ¥4500円
カベルネソーヴィニヨン 50% メルロー 45% カベルネフラン 5% プチベール 5%

安くて 重たいの!!!!(笑)冬にお客様に言われるコメントナンバーワンですね。
鉄分を多く含み、レバーロースト や 生ハムなどを食べるとつい自分が飲みたくなってしまいます。

e0190216_13252980.jpg

シャトー トゥール デュ パ サン ジョルジュ ’06   ¥4500円
カベルネソーヴィニヨン 35% メルロー 65% 

僕はワインの相談を受け、お勧めする際にお客様がどのくらい ワインを普段 お飲みになっているかを気にしています。 飲んでいる経験値や好みはその方の表現に直接関係するからです。
このワインは「飲む機会は多いが、全然知らないので美味しいものをください」というお客様にベストチョイスの赤ワインです。 バランス良く 渋みも丸くなり、ブドウの果実味も感じ、複雑すぎず、安い! 
見つけてオンリストして間もないですが、これからの季節 ラビチュードでは人気商品になることうけあいですね。

e0190216_21203381.jpg

レ キャレッシュ ド ラネッサン ’05  ¥4800円
カベルネソーヴィニヨン 65% メルロー 30% カベルネフラン 5%

この次の写真のシャトーラネッサンのセカンドラベルです。
僕はこのシャトーはセカンドの方が美味しいんじゃないの?!と思わせるほど バランス良くて美味しいです。
確かに’05年なのでまだ 良く熟成されたとは思いませんが、これで¥5000以下で飲めるのなら飲んでいほしいと思わせるボトルです。 余談ですが、このボトルを置いているビストロがあったら それだけで好きになっちゃいそうですね。 それだけ お客様に寄り添っているワインだと思いますね。

e0190216_21204787.jpg

シャトーラネッサン  ’97          ¥6300円
カベルネソーヴィニヨン 50% メルロー 50%

今度は本物?です。 ’97年の熟成されたタイプです。 僕の中では今が一番いいんじゃないかな?!と思っています。若かったころの 渋みや酸味 が美味しさに変わり舌触りもぐっと滑らかになっています。
果実味あふれる若いワインよりも 熟成感のある複雑なものが好き とおっしゃる方に楽しんでいただいています。

e0190216_21211266.jpg

シャトーレスタージュシモン  ’95年   ¥5400円
カベルネソーヴィニヨン 30% メルロー 70% 

これも先程のラネッサンと同じように 熟成されたタイプです。 
一般的に言われているビックヴィンテージの95年ですね。 メドック地方のペトリュスなんて呼んでいる方もいらっしゃるそうですよ(笑) そんなに超一級品ではありませんが、 なんていったって5400円ですから。 これで掘り出しものの メドックを楽しめるのならラビチュードのコース2940円と同じようにとりあえず 口にするのが得策ではないでしょうか?!

e0190216_2121504.jpg

シャトール マノワール     ’07年   ¥5900円
カベルネソーヴィニヨン 10% メルロー 80% カベルネフラン 10%

今までとは少し違ったタイプのメルロー種が80%と多く含まれます。
僕は初めてお会いしたお客様にこんな質問を投げかけることがあります。
「ボルドーの赤ワインの感じかたで 綺麗な澄んだタイプのワインはお好きですか?」と。
このワインがまさにそれで、目を閉じるときれいな酸と果実味で邪魔するものが何もなく 最後まで飲みきれます。 「メルローが好きなんだ」 とおっしゃる方には少しお値段的に無理をしてでもこれを飲んでいただいています。みなさん 納得してちゃんと笑顔で飲んでいらっしゃいます。

e0190216_21222263.jpg

シャトー ラフォンロッシェ N2  ’96年  ¥7500円
カベルネソーヴィニヨン 55% メルロー 40% カベルネフラン 5%

ん~ このレベルからは正直 僕なんかでは表現に困ります。
サンテステフという地域の ラフォンロッシェというワインのセカンドラベルですね。 

とにかく 濃くて 芳香の余韻が長くて 舌触り良く バランスも抜群!  ボルドー熟成タイプおすすめの1本です。 僕も大好きなので 何かのお祝いにかこつけて 自分で持って行って開けてしまいます。

e0190216_21224774.jpg

シャトー カプベルン・ガスクトン  ’98   ¥9600円
カベルネソーヴィニヨン 55% メルロー 30% カベルネフラン 15%

これも表現できるレベルを超えてしまっているのですが、ラフォンロッシェと同じようにサンテステフにあります。
毎年 バレンタインデーが近くなると 皆さん 良く見かけるハートのマークのラベルでおなじみ、カロンセギュールを作っているのが、 ガスクトン夫婦です。 作る工程はすべてカロンセギュールと同じ場所で作られます。 僕の印象だと まだまだ 元気でもっとねかせてから飲んだ方が良いかな?とも思います。 力強く タンニンもあって 98年だから14年も経っているのにすごい! という感じです。 ラビチュードで一番力強いワインですね。 僕はこのワインに限っては 必ずデキャンタに移して、さらにゆっくり ゆっくり 飲んでいただいています。

e0190216_13425914.jpg
 
ヴィラ デ キャトルスール  ’09   ¥9800円
カベルネソーヴィニヨン 40% メルロー 55% プチベール 5%

2009年 僕が作るリストの中で異色の1本です。 基本的に時間を長く過ごしているボトルが必然的に値段の高いワインとなって行く中で、まだ生まれたての若い’09が値が張るものになっています。
これをお勧めするときに伝えていることは、マルゴー村のワインは数多くありますが、1万円以下で美味しいワインはほとんど無いということです。 もちろん 「今」 が美味しくてリストに載せていますが、同時に将来性までも飲みながら勉強できる一本です。 プロのソムリエさんでもない限り 「10年後に今よりもグンと美味しくなっているであろう」というコメントができる方は少ないと思います。 僕もあまり思えたことがありません。 が、このワインはわかっていない人達ですら感じられる将来性がそこにあります。


e0190216_14115054.jpg

シャトー ボールギャール  ’97   ¥9900円
カベルネソーヴィニヨン 30% メルロー 70%

ん~ これもコメントに困ります。 地域的にはポムロールというきめ細かくやわらかな力強さを持っているメルロー種 中心の地域と言われています。 実は困っているのは30%しか入っていないとされる、カベルネソーヴィニヨンの青草の草原をイメージさせる香りを多く感じると思っているからです。 ここで実績あるソムリエさんならば力強くコメントなさるんでしょうが、 そのコメントはなにぶん ほんの一部の方にしか届かない言葉となってしまいそうで 困っています。 なんか 表現力の乏しさの愚痴になってしまっていますが・・・。 

飲んだ後に 「¥9900で飲めるならまた飲ませてください」というお客様があとを絶たないワインです。 



こんな感じで少しずつ 僕の好きなワインをご紹介できたらいいな と思っています。 では今晩はこれでおやすみなさい。                                               鈴木
[PR]
by lhabitude | 2012-10-16 21:23 | ワイン
e0190216_21154569.jpg


なんか 最近 10年程たった 飲みごろのワインが 沢山あるんですよ。 しかも 他のレストランの半額以下のお値段でお出ししてるんですよ。 その秘密は 実は僕はサービスマンのパートナーがいるんです。18歳の時にフランスのリヨンという食の街の ホテルの朝食で 出会ったのですが、それが縁で ずーと 良くしてもらっています。 そんな彼と お店を持とうと 昔から話していたのですが、その時に購入していたワインが 今まさに 飲み頃なんです。 せっかく美味しい やさしく練れたワインを持っているのだからと、今 僕を窓口にして当店にいらしていただいているお客様に 安く お出ししているというわけです。 つまり 15年前とお値段が同じということですね。  詳しくは グルナビのページに掲載していますよ。 興味のある方はどうぞご覧ください。
[PR]
by lhabitude | 2010-10-19 21:26 | ワイン