<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さっそく 第二回の料理教室 のお話です。 前回は初めてで ドキドキしましたが、今回は 自信を持ってお迎え できそうです。どうぞ ご家族に美味しいひと時を ご用意できるように わかりやすく 進めていきますのでいらっしゃってください。 お勉強の後は ちょっとした プロならではの小話と 美味しいランチで楽しみましょう。 


◆料理教室◆
e0190216_1135253.jpg


楽しくお食事しながら覚えて、お家でプチ パーティーを開きませんか?! 
ちょっと時間のあるお昼時にお友達を誘って、  昼下がりにお紅茶と共に
プロならではの 簡単なお菓子 や お料理は 普段の道具と近くのスーパーの食材で! お安く 簡単に いかがですか?
ご興味のある方はご連絡ください。   (03-3260-8784)
料金     ¥5000       定員     10名 
日時     7月6日・20日(火曜日)  11:00~13:30 
持ち物    エプロン 筆記用具   
 
◆7月のお料理内容◆
e0190216_21531516.jpg

*トマトの冷たいスープ“ガスパチョ”
*若鶏もも肉 の 赤ワインヴィネガー煮込み
*クッキーとレアーチーズのケーキ(パウンド型で作ります)

◆シェフのプロフィール◆
名前 鈴木祐介  
年齢 33歳  Family (5人家族)妻 6歳 4歳 1歳
経歴 シェ松尾(松濤)          5年
   フランス(パリ・田舎町)      2年
   スクレ・サレ(四谷三丁目)     4年
   シノワ (銀座 ワインバー)    1年
ロワズィール・ラビチュード(神楽坂)現在 
[PR]
by lhabitude | 2010-06-23 11:06 | 料理教室
こんにちは つい先日 ドキドキの第一回 料理教室が開催されました。 集まっていただいた皆さんは 頭が下がるほど 素敵なやさしい方々で とてもありがたかったです。
(皆さん ありがとうございました。おかげさまで素敵な 楽しい時間を過ごすことができました)

さて 今回の料理を教室に来ていただいた方と 同じものをアップすることにしました。こんなことを実演しながら、いろいろな小ネタを挟みながらやっています。 教室にいらっしゃれない方も このレシピをご覧になって チャレンジしてみたい方は、どうぞがんばって試してみてください。 僕はレストランにずーといますので、気になることができたら、ランチにでも来て 声をかけてください。簡単にですけど、お答えしますよ。


【小エビのハーブマリネ プロヴァンス風 クスクス添え】
Crevette marine au taboulet a la provancal
【材料4人分】
ボイルエビ                    300g位
クスクス                     250g
夏野菜(パプリカ赤黄・セロリ・タマネギ・きゅうり)各1/4 個
完熟トマト(ソース用)              1個
トマトジュース(無塩)              500㏄
ニンニク(みじん切り)              1粒       
バジルペースト                  ・・・
【調味料】
塩 コショウ(白黒どちらでも結構です)
オリーブオイル(出切ればエキストラ ヴァージン)
ワインヴィネガー(香り・種類はなんでも結構です。今回はシェリーを使います。)
[前日の下準備]
(クスクス)
クスクスに塩コショウして、オリーブオイルをよくからめます。 夏野菜とニンニクをそれぞれみじん切りにしたものをクスクスに加えます。(みじん切りは フードプロセッサーがあれば ご使用ください) そこに トマトジュースをすべて加えます。
これで一晩 冷蔵庫で置いておきます。 野菜のエキスをクスクスが吸い込むことによって味のある美味しい クスクスが出来上がります。
[作り方]
① トマトソースを作ります。 トマトを細かく 適当に刻んで器に入れてください。 塩コショウ オリーブオイル10㏄ ワインヴィネガー10㏄を加えて完成です。
② エビのマリネを作ります。 皮をむいたエビ ワインヴィネガー オリーヴオイル 塩コショウ を小さいボールに入れてよくからめます。
(塩コショウをして、オイル漬けにすることを マリネ と言います。)
③ 前日に用意しておいた クスクスをお皿の中央に盛り その上にエビをお好みに並べます。
④ クスクスの周りに たっぷりの トマトソースと アクセントにバジルのペーストを落とします。

(ポイント)
・夏野菜は生で食べられるお好きな食材を刻んでください。オレンジなども美味しいです。
・バジル等の他に ミント や セルフィーユ ディル などを刻んで使うのもお勧めします。
[PR]
by lhabitude | 2010-06-16 15:16 | 料理教室
【厚切り豚肩ロースのポワレ 黒コショウ風味】
Echine de porc poelee au poivre noir
【材料4人分】
豚肩ロース      150~200g (目安1.8cm) 4枚
塩 黒粒コショウ   オリーブオイル 少々
野菜         適量(キャベツ ヤングコーン オクラ スナップエンドウ インゲン かぶ アスパラ・・・)
じゃがいものピューレ A (バター 牛乳 塩 コショウ)
人参のグラッセ    B (バター 塩 コショウ 砂糖 ローリエ あればクミン)
茹でる用のお湯    C (バター 塩 コショウ)

(作り方)
① じゃがいものピューレを作ります 皮をむいた じゃがいもを1㎝位の厚さに切り 
  たっぷりのお水から串が通るほどの状態まで茹でます。 火が入ったらお湯を切り 泡だて器でよく混ぜます。 ペースト状になったらAを加えます 再び 材料がしっかりと混ぜます。
② 人参のグラッセを作ります。人参を一口大の大きさに切り鍋にいれて、Bを加え お水をひたひたまでいれます。あとはしっかり火が通るまで弱火でかけておきます。
③ 野菜を茹でます。 たっぷりのお湯にCを加えて しっかりと沸騰したところにキャベツを入れます。 (キャベツだけはくたくたになるまで、茹でたいので先に入れます)1分ほどたったら、その他のお好きな材料を入れてください。お店ではだいたい 2分程度で取り上げていますが、お好みで取り出して お皿に盛り付けてください。
④ お肉を焼きます。塩コショウを 両面にします。 皆さんが普段思っているよりもお肉に厚みがありますので、少し強めに打って下さい。 フライパンをしっかりと熱して少しのオリーブオイルでお肉を優しく置きます。強火できれいに焼き色がついたら、ひっくり返して蓋をします。片面と同じ時間だけ弱火で火を入れてください。 表面に肉汁や血がにじみでてきたら、その瞬間が食べごろです。すぐに 野菜の上に乗せて召し上がってください。

(ポイント)
  ・ 実はお肉の厚みがポイントです。 この厚さだからできる ジューシーさ と 食べた 時のコリコリっとした食感です。
  ・ 茹でる際の強すぎる?位の塩分が野菜の美味しさを120%引き出します。
  ・ オーブンが備え付けであるお宅も多かったようで、質問がありました。 オーブンですと、240℃くらいで 2分程度がいいと思います。
[PR]
by lhabitude | 2010-06-16 14:15 | 料理教室
【かんきつ類のゼリー寄せ】
Gelee d’agrumes
[材料4人前]
ピンクグレープフルーツ           1/2個
白ワイン                  200㏄  
蜂蜜                    40g
板ゼラチン                 6g


(作り方)
① 板ゼラチンをたっぷりの氷水にひたして 柔かく戻す。(10分程度)
② グレープフルーツの皮をむいて 身だけにする。この時 出る ジュースも一緒にひたして取っ  ておいてください
③ 先ほどのジュースを全て鍋に移し 火にかけて熱くします。ここに戻したゼラチンと蜂蜜を加え  木べらなどでしっかりと溶かします。
④ ボールに白ワインを全て入れて そこに③を流し込み よく混ぜます。(注:この時に決して泡  だて器は使わないようにします。細かな 気泡が入ることによって 綺麗な透明感のあるゼリー  ができなくなってしまいます。) 
⑤ お好みのグラスなど 小さな器に グレープフルーツを入れ、④を注ぎます。これを4時間程 冷  蔵庫で寝かせるとちょうど良い硬さで美味しく冷たいものがいただけます。

(ポイント)
・ 実は ゼラチンは一晩ゆっくりと冷蔵庫で寝かさないとちゃんと固まりません。ですが、やはり  すぐに食べたいですよね。 だから レシピの分量を少しだけ 多めに書いてありま  す。 
・ 今日は白ワインで作りましたが、シャンパンなどの白ワインの発泡を使って作るとシュワシュワ  して よりリッチな気分でデザートを楽しめますね。 僕は巨峰を使ってカクテルグラスでで作  るのがお気に入りです。
・ お子様用に 白ワインを コーラやサイダーに置き換えて作れば お子様も楽しく 食べられま  すね。 (*これは 教室中に皆さんから出たアイデアです)
[PR]
by lhabitude | 2010-06-16 14:09 | 料理教室
e0190216_10264789.jpg

こんばんわ 今回久しぶりに 鶏のローストをしてみました。 本当は”北京ダック”のように皮が命なので きれいな黄金色でパリパリの皮が焼きあがるはずだったのですが、切れ目が入ってしまい 恥ずかしい作品になってしまいました。
 オーブンでひっくり返しながら 30分くらい火を入れると、ジューシーで柔らかな 美味しいローストチキンが出来上がります。 先ほど言った 皮目をきれいに保つ以外にも、いくつかポイントがあるのですが、前日から鶏をしばってしっかりと味をしみ込ませておくことが 大切ですね。 後は 焼きあがってから 十分な時間 お肉を休ませてあげなくては なりません。 そうしないと お肉にナイフを入れた瞬間に 焼き汁がすべて外に出てしまい、美味しさが逃げて行ってしまいます。せっかく 丸ごとローストをしたので、そのまま 僕の下でがんばってくれている男の子に 講習会をすることにしました。 
お客様で目の前で お肉のローストをさばいて 分けてもらった経験のある方はとっても少ないと思うんですよね。 僕はいろいろなお肉( 羊 牛 豚 鴨 鶏 ウサギ・・・)をお客様にプレゼンできたら良いなと思っています。 そうしたら 美味しさがより一層伝わるような気がするんですよね。
この写真のローストは じゃがいも キノコ 甘く炒めた玉ねぎ パセリ 少しのニンニク で合わせ炒めたものをお添えして 夜のお客様に楽しんでいただきました。
e0190216_1027428.jpg

[PR]
by lhabitude | 2010-06-08 10:27
                ラビチュード
                料理教室開催!!
e0190216_21304343.jpg

美味しくお食事しながら覚えて、お家でプチ パーティーを開きませんか?! 
ちょっと時間のあるお昼時にお友達を誘って、  昼下がりにお紅茶と共に
プロならではの 簡単なお菓子 や お料理は 普段の道具と近くのスーパーの食材で! お安く 簡単に いかがですか?
ご興味のある方はご連絡ください。   (03-3260-8784)

料金     ¥5000       定員     10名 
日時     6月 15日 火曜日  11:00~14:00 
持ち物    エプロン 筆記用具 
場所     新宿区 南山伏町3-5 ウインコート神楽坂 1F

            今月のお料理内容
   *小エビのハーブマリネ クスクスのサラダ フレッシュトマトのソース 
   *厚切り 豚肩ロースのポワレ 黒コショウ風味
   *柑橘フルーツのゼリー寄せ 

( シェフのプロフィール)
名前 鈴木祐介  年齢 33歳  Family (5人家族)妻 6歳 4歳 1歳
経歴 シェ松尾(松濤)          5年
   フランス(パリ・田舎町)      2年
   スクレ・サレ(四谷三丁目)     4年
   シノワ (銀座 ワインバー)    1年
   ロワズィール・ラビチュード(神楽坂)現在 



以前から 料理教室はチャレンジしたかったんですよね。 将来 お店を持ったときに 必ず 地域の人達と触れ合える場を作りたいと考えているので ここ ラビチュードでもチャレンジしてみることにしました。 チラシをチーズ屋さん(アルパージュ)に置かせていただいたり、店頭に黒板にメッセージを書いて皆さんに知ってもらえるようにと いろいろとしています。   が 10人だけなのに2週間前を切ったにも関わらず まだ4人しか ご連絡をいただいておりません。 これは 第一回目なので 仕方がないとは 思っているのですが、 正直不安です。
今回初めて 僕の経歴を皆さんに知っていただこうと思ったのですが、 やはり 自分の事をチラシに書き込む というのは恥ずかしいものですね。
[PR]
by lhabitude | 2010-06-03 20:17 | お肉料理
e0190216_21172289.jpg

冷た~い マンゴーを 贅沢なヴァニラのアイスクリームと 一緒に もごもご ほうばるのが最近の 幸せ です。
[PR]
by lhabitude | 2010-06-03 19:01 | デザート