<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんばんわ 今日のお昼過ぎにみんなでクリスマスツリーを飾りつけました。 できたー!!
って 感じですね。 毎年 12月に入ってから用意していたのですが、何だか今年は クリスマスムードになるのが早いぞ? と感じて 11月17日にあった ボジョレーを楽しんだ後に 飾り付けをしました。 どーも ボジョレー前にクリスマス??? という感覚ですね。

今日みんなで話していたのですが、ラビチュードではバースデイの方に デザートの盛り合わせのサービスがあるんですが、状況によっては店中の電気を真っ暗にして キャンドルで楽しむんです。
その時の ツリーがとっても綺麗できっと素敵なバースデイになるねと。

e0190216_23145077.jpg
e0190216_2315273.jpg
e0190216_23155944.jpg
e0190216_23163640.jpg
e0190216_2222396.jpg

[PR]
e0190216_21284037.jpg


作ったぞー! アンドゥイエット  というくらい このソーセージ マニアックなんです。
オーナーに見つかったら怒られちゃうけど チョイスのできる プリフィックスメニューに
「豚の直腸に大腸と胃を詰めたソーセージ」 なんて書いても 誰も食べてくれないですよね。
だって 他には 鴨のロースト 赤ワインソースだの 子羊のローストだの 厚切り豚肩ロースのポワレ なんてのが7つもあるんだから…

最近 「シャルキュトリ―」にハマってるんですよ。 フランスのお肉屋さんに置いてあるような 加工品の事です。 初めはクリスマスに向けて 生ハムを作ろう!! というのが始まりでした。
仲良しの料理人に専門書を紹介してもらって 豚と鴨 の生ハムを作り始めました。
その後 どんどん止まらずに ブーダン(豚の血のソーセージ) ロースハム 羊のソーセージ(メルゲーズ) リエット パテ レバームース  しまいには 自家製ピクルスを作っています。
なんたって 安い!! 僕の求めている 安く仕入れて 手間をたっぷりかけて 安くお客様に提供する のに ピッタリです。 しかも 保存食でロスもほとんどなし。 もう最高ですね。

で・・・ 最新のしかも 相当マニアックな アンドゥイエット に辿り着いたわけです。

だれかー 夜のメニューに入っている アンドゥイエット 食べに来て!! って感じですね。
自己満足は料理人の敵なのですが、 今 極みです。  あ~あ コース料理ではなくて 単品のワイン飲み屋さんだったら きっと みんな好奇心で食べて感動してくれると思うんだけどな~
[PR]
e0190216_21454427.jpg
e0190216_2147230.jpg


いつもこの看板たちがお出迎えです。 
ずいぶんと年季の入った黒板です。

けど この看板が何だか ホッとするんですよね。
「いつもありがとう」 ですね。   
[PR]
e0190216_21432010.jpg

もう夏も終えてしまって アンチョビのサラダの季節とはちょっとズレテしまいましたが、真夏のハーブサラダという感じです。
 パリパリのサラダ にんにくと韓国唐辛子でマリネした その日築地から大量に買ってきた真イワシです。これぞまさに 手間をかけて 極上の一皿を 安くお客様に提供できる一品ですね。
 バジル とディル セルフィーユ オリーブオイル トマト 夏の全てが詰まっている感じのサラダです。 
僕はロワール地方のミュスカデ というブドウから作られた辛口白ワインで楽しみます。 このワインたちは大抵コストパフォーマンスがとっても良いんです。 高くても¥1500くらいです。 
店の前のちょっとした空間をテラスに見立てて食べる 真夏のサラダは格別ですよ。
[PR]
by lhabitude | 2011-11-08 21:44 | お魚料理
8種類程のキャナッペ ここで食べ過ぎると最後のデザートが…
e0190216_2118169.jpg

目鯛をフライパンでカリカリに焼いて 下には白いんげん豆とベーコン 
バジルと黒オリーブでいただきます。
e0190216_21183856.jpg

若鶏もも肉のコンフィーとたっぷりのグリーンサラダ くるみオイルドレッシングで美味しいです。
e0190216_21194061.jpg

今日は焼きたてのバナナのタルトでした。 ココアパウダーを振ってサクサク食べます。
e0190216_21204288.jpg

こちらはいつも女性陣に大人気ですね。しっとりと とろけるチョコレート
e0190216_21211918.jpg



お疲れ様でした。 先ほど 18名の立食パーティーが終わりました。
今日はお誕生日の方がお二人いらっしゃって クラッカーを鳴らしたり サプライズ スペシャルプリンにローソクを立ててハッピーバースデイを歌ったり とっても皆さん盛り上がっていましたよ。

初めは何となくよそよそしい ちょっとの距離感がキャナッペをつまんで シャンパンを飲んで どんどん出てくるお料理にどんどん打ちとけて とっても楽しそうでした。

今日はお客様のリクエストでクスクスをご用意しました。 夏を過ぎた この時期に作ることは珍しいのですが、ご好評でしたよ。  

これで貸し切って¥4000で飲み放題なんて 自分で企画しているのに スタッフが参加したくなります、正直 安すぎるかな… いつもお店の事と お客様の満足度と 悩みますね。

お疲れ様でした。 今日は結構早く終わって明日はお休みなので ゆっくりしたいと思います。。
[PR]
こんばんわ いやー 久しぶりすぎて ちょっとドキドキしますね。
今年の2月からお休みして 今日 11月8日 から再スタートです。 がんばります!? 
という感じですが、最近考えている事や、楽しい事 驚いた事を 料理を中心にラビチュードの空間を伝えていけたらなと 思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

e0190216_2050399.jpge0190216_20504082.jpg

さー とりあえず 秋がもう過ぎようとしているので キノコの話題です。
この真っ黒いキノコ プルロット茸 というお名前なんですが、と~ても大地の味がします。ん~表現するのはとっても難しいんですが、エシャロットという玉ねぎのみじん切りとバターで炒めて食べるのが一番オーソドックスで シンプルで美味しいかな。 

このキノコは築地に入ってきて 少し古くなってしまったものを 仲良しの八百屋さんから 頼まれて安く買って来たものです。懐かしいな~と思いながら見ていたんですけどね。 
これ 高いんですよ。とても普段のラビチュードでは使えませんね。 

ちなみに今回は炒めた物をオムレツの中にくるんで ランチで出しちゃいました。 これを食べれたお客様はとってもラッキーでした。 だって ひと皿で1500円以上しちゃうところを コース1050円の前菜でしょ ラッキーですよね。

このキノコは僕がフランスで修行していた土地のものなんです。BRIVE という山奥の町なんですが、キノコに関してはとっても有名なところですね。

シェフのお父さん(80歳くらい)が朝 山に入って 山ほど採ってくるんですよ。
もう 日本の東京で育った僕には たまらない環境でしたね。 懐かしい^^
[PR]