<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0190216_18122569.jpg
e0190216_18121768.jpg


こんにちはすっかり夏らしくなってきましたね。 日がどんどん長くなります。

 今日はういきょうと紅白大根をピクルスにしました!
まだまだ コルニッション作りは経験が少ないので 毎度毎度 「美味しくな~れ!?」と魔法をかけて、
1か月くらい漬けてお客様にお出ししようと思います。


e0190216_18512876.jpg


新作の料理です。 前回もお話ししたのですが、「企画」 を沢山考えてやりたいなと思っていて、
その中の一つに 「葡萄屋」 というワイン屋さんとのワイン会企画があります。

2回あって、それぞれ土曜日のお昼過ぎを利用して10種類くらいのワインを楽しみながらラビチュードのご飯を食べるという企画なのですが、担当者さんの熱い思いを形にして作ったメインディッシュがこれです。
仔羊とラタトゥイユを春巻きの皮で包み カリカリ焼きにしたもの。 従来の僕のスタイルですと、中には鹿肉が入る秋 冬シーズンのお料理なのですが、 今回はこの仔羊料理にトリュフソースを添えてお出しします。
あまりにも美味しくできたので通常の夜のメニューにも載せてしまいました。
イメージではフランスのある程度練れた90年代のボルドーとどうでしょうかね? 

葡萄屋
6月8日と29日(土曜日)14:00~16:00
会費6500円
会場 ラビチュード です!
詳しくはこちらへ! (what's newsの中の 5月16日の記事をクリックしてください。)
http://www.budouya.jp/  
[PR]
by lhabitude | 2013-05-21 18:18 | 農園野菜
e0190216_2317058.jpg


こんばんわ 今年はワイン会や 地方料理 ・・・企画ものにチャレンジしよう!!! 
という事で 赤ワインフェアーをすることに決めました!

僕が出す 庫出し極上ヴィンテージワイン いったい いくらつけますか?
90年代のいい具合に練れた古酒 ジーと今まで20年近く寝ていたやつですよ!

「僕は自信があります!」 ので、売り上げの20%を被災地に寄付することに決めました!

だ か ら ・・・ ¥6000円と決めて頂いたら その場で募金箱に¥1200円入れさせていただきます!
みなさん!!!!! 協力してくださいな~~~~~! 

僕はとって置きの物を出しますから! 皆さんはラビチュードがつぶれないように協力 お願いしま~す。 
e0190216_2326641.jpg

美味しい赤ワイン 楽しく飲んで みんなで笑って 被災地にちゃんと「がんばろう! 僕たち忘れてないよ!」で行きましょうよ!



新ラビチュード企画 第一弾
お客様 はじめましてフェアー
( 期間  ~2013年 8月)
*ただしワインがなくなり次第このフェアーは終了です

【2年経った今だからこそ、赤ワインを飲んで被災地に寄付しよう!】
業界初!? 入札制による赤ワイン価格決定システム
*飲んだ赤ワインをあなた方が値段を決めてお支払い頂きます
当店一押しの極上ヴィンテージ赤ワインを飲んでお客様の舌でお値段を付けてください!
ワイン価格の20%を被災地に寄付させて頂きます

≪同時企画≫

① 女性2名~6名グループ 赤ワイン飲み放題 (¥1000/1名)
② 4名様のグループに自信のこだわり赤ワイン1本プレゼント
③ ワイン持ち込み 通常価格より半額に  ¥1000円で!
[PR]
e0190216_021630.jpg
e0190216_03717.jpg


こんばんわ 今日は店内に新しい風が吹きましたので、ご紹介させて下さい。

2枚の油絵ですね。 40号の「ひまわり」と10号の「チューリップ」です。
僕の大好きなアーティスト(KAZUMI)さんのものですが、今回は無理を言って置かさせていただきました。

「ひまわり」 是非皆さんに見てほしいですね。 独特の世界観でそこに 「あたたかい空気」を作ります。 
それに対して「チューリップ」は静かにたたずんでいる感じです。 向き合うとそこから何もメッセージが飛んでこないのに、気が付くと自分が透明になっているような気がしてきます。


僕は「ラビチュード」=「日常的な非日常のレストラン」にできたらなと思っています。

ん~~~ わかりやすく説明はできないけど、「気軽に使えるいつもの美味しい場所」が
いろんな感覚や英気を養える場所だったらいいのになぁ~ と思っています。 
な~んかラビチュード行くといいんだよね~って。  な~んか元気でたっていうかさぁ・・・

ん~~~ よく考えたら ますますわからなくなってきました。


ちょっと脱線してしまいましたが、 とにかく素敵な絵を飾らせて頂けましたよっていう事ですね。

これはご縁なので何とも言えませんが、こんな素敵な絵にお値段を付けて頂こうと思っています。もちろん僕は飾らせて頂けるだけで幸せなのですが、アーティストさんと美味しいご飯が好きな皆さんとの橋渡しができれば良いなと思っています。「絵」でなくとも、ちょこんと置いた「置物」でも 気持ちが伝わってくる作品を身近に置いていたいなと思います。     
               今日は感覚のお話ばかりの鈴木祐介でした(笑)





 
[PR]