タグ:ジビエ ( 12 ) タグの人気記事

e0190216_22191117.jpg
こんばんは。 牛込神楽坂ラビチュードの鈴木です。
いつも 気にかけていただいてありがとうございます。
今朝 白い梅の花がきれいに咲いているのを見て、こんなに寒いのにと思いましたが、
バレンタインデーも終わり、いよいよ春が来るな と感じています。

さて、7回目を迎えたビストロ料理紹介シリーズですが、今日の一皿目は
『スープ ド ポワソン』です。
僕は18歳と25歳 で 2度フランスに滞在したことがあるのですが、1度目の18歳の時は
『フランス料理ってどんな料理???』こんな感じでした。
高校を卒業して 小さいころからフランス料理のコックさんをなんとなく目指していた僕ですが、実際にその時点で一度しかフランス料理を食べたことがなく、だったら フランスへ行こう!
みたいな感じで1カ月 ゴールデンウィーク明けのチケット代の安い時期を狙って24時間 ロシア経由で(トランジット 8時間 笑)行ってきました。


バックパッカーで回っているうちに、南仏プロヴァンスにやって来ました。
地球の歩き方片手に良く行ってたな~と思います。
その頃は一人でご飯を食べるのがもったいないと思っていて、現地にいる日本人を毎日片っ端から男女関係なくナンパしてましたね。皆さん 18歳のバックパッカーの坊主の男の子には優しく付き合ってくれましたよ。
そんな中、スイスの星付きホテルの厨房で働いているお兄さんと、一緒に食べたのが
スープ ド ポワソンです。

なんだろー 一言でいうと、東北・北海道の漁師風 スープですかね?
作り方はとにかく 小魚を丸ごと たっぷりの香味野菜と一緒に グツグツ 炊くんです。
プロヴァンスですから、やはり にんにく と トマトは必ず入っていますね。
高級レストランでもブイヤベースとして、コースの中に組み込まれいることが多いですね。
e0190216_22142911.jpg
ここでポイント!
『スープ ド ポワソン』 と 『ブイヤベース』 ってどう違うのでしょうか?
細かいこと言うと 色々とこだわりがありそうですが、要は具があるかどうかです。

あと、ここは案外大切だと思うのですが、スープの方には、クルトンやルイユ・チーズが付いてくるところですかね。クルトンにルイユとチーズをのせて スープに落とし、 ふやけたくらいに口にほうばります。 食べるスープですね。
本当に美味しいですよ!!! 
レストランできれいに澄んだスープももちろん好きだけど、ビストロの内蔵丸ごと入れて 癖になって手が止まらないスープも大・大・大好きですね!
*ルイユ  にんにく・じゃがいも・サフラン・唐辛子・・・マヨネーズみたいなペースト
e0190216_22084184.jpg
ビストロに限らず、スープ ド ポワソンやブイヤベースを出しているフレンチは多いと思います。
南仏プロヴァンスを感じながら食べるとよりいっそう美味しく感じるかもしれませんね。

今日はここまでです。また、おしゃべりしたくなったら書きますね。なんだか フランスに無性に行きたくなってしまいました。
ラビチュード 鈴木でした(笑)






[PR]
by lhabitude | 2017-02-16 15:19 | お魚料理
こんにちは。牛込神楽坂ラビチュードの鈴木です。
まず、最近のお料理をご紹介しますね。
昨日(2017・1・10)真サバを築地でもらってきましたよ。年末から使いたいなと思っていたのですが、寒ブリがとても安く脂の乗りが良かったので、買ってきていませんでした。
年始にブリが高騰し、真サバが脂がのっていて安かったので沢山買ってきちゃいました。
和食のしめ鯖みたいな感じで、ワインヴィネガーでしめて、香草とオリーブオイルでいただくのですが、本当に美味しいですよ。ファンの方も多くいらっしゃいます。
e0190216_22075948.jpg
牛ホホ肉の赤ワイン煮込みも仕込みましたよ。
神保町のボルドー専門店から特別に分けて頂いた、ボルドー赤ワインで香味野菜と一緒にクツクツ・クツクツゆっくりと4時間煮込みます。とろとろになったホホ肉はバターをたっぷりと含んだマッシュポテトと相性がばっちりです。
美味しいワインの旨みとキレは、食べる人を自然に笑顔にしちゃいます。

e0190216_22270010.jpg
            仔うさぎとフォワグラのパイ包み焼き
年末に仔うさぎの赤ワイン煮込みを『ぶどう屋さん』とのコラボワイン会で作ったのですが、その時にずいぶんと喜んで頂いたので、今度はパイ包みを作りました。
さっぱりとしたウサギに酸味とキレのある赤ワインなので、コクを足したいと思いフォワグラを一緒に入れました。
パイも自分たちで折ってるんですよ。今、スタッフの明日佳ちゃんが猛勉強中です!
バターと生地交互に挟んで折っていくんですが、なかなか技術が必要です。
e0190216_22484319.jpg
         *写真は鴨フィレ肉とフォワグラのパイ包みです。

ラビチュードでは若い子が入ると、デザートや簡単な冷前菜を任されます。
デザートは簡単なものから順番に2年位かけて、旬なデザートを追いかけます。
タルトやシュークリーム・アイスクリームやショートケーキ、チョコレートムース・・・

その最高峰(笑)に位置しているデザートが『タルトタタン』と『ミルフィーユ』です。
実はこれだけを一生懸命にやっていればそれぞれ何てことないのですが、旬を追いかけてデザートを作っていくので、機を逃すとその年はできなかったなんてことがあるんです。
りんごがこだわりの紅玉が手に入らなかったとか、イチジクが高かったとか、苺・マスカット・白桃・・・ 
明日から明日佳ちゃんが毎日タタンに挑戦するようです。
しばらくの間、ラビチュードは甘く香ばしいキャラメルで包まれていると想います(笑)
e0190216_22475985.jpg
e0190216_22165043.jpg

[PR]
by lhabitude | 2017-01-11 22:57 | お肉料理
牛込神楽坂 ラビチュードの鈴木です。
ずいぶん冷え込んできましたね。年末にむかって色々と忙しくなっていくシーズンですが、風邪など引かぬようご自愛ください。

ボジョレ・ヌーボーが解禁され、狩猟も始まりました!
ラビチュードもジビエの季節到来です。

昨日 今季初入荷しました。
北海道産のエゾ鹿、茨城県利根川沿いの青首かも(コルベール)・カルガモ・小鴨です。
少し経つとキジバトやマガモも入荷する予定です。

ラビチュードのジビエは優しくやわらかくローストし、赤ワインをベースとしてそれぞれの風味を生かしたソースで楽しんで頂いております。

50代以上のお客様によく「シカ肉は固くないですか?」とのご質問をいただきますが、本当になぜ そのようなイメージをお持ちなのかわからないくらい、柔らかくてジューシーですよ。

e0190216_19245795.jpg

e0190216_192404.jpg

e0190216_1926781.jpg


11月中旬から始まり2月中旬くらいまであるジビエ料理
まだ試されていない方はこの冬がチャンスですよ。

e0190216_20133533.jpg

e0190216_19313124.jpg

【貸切情報】
そろそろ今年の忘年会どこにしようか考えなくちゃ! なんて、思っていませんか?
ラビチュードでは11・12・1月と貸切パーティーに特に力を入れています。
ランチ 20名様~
     1620円~
ディナー14名様~
     4320円~

【貸切特典】としてホールケーキを無料でプレゼントしてるんですよ!

美味しい熱々のフランス料理を
アットホームで気楽に
レストランの貸切パーティー
僕は心の底からラビチュードの貸切が素敵だと思っています。



【クリスマスメニュー】
4320円と6480円の2コースです。
期間は
12月19日(土曜日)~
12月25日(金曜日)です。

e0190216_19381333.jpg


2015 Menu de NOEL
【4320円クリスマスメニュー】

自家製クリームチーズのアミューズ 
Amuse-goule

オマール海老・天然ブリ・ズワイ蟹の盛り合わせ
青森県産 天然ブリのカルパッチョ ・オマール海老のテリーヌ・
ズワイガニとアヴォカドのカルテル仕立て
Entree variees

若鶏もも肉と冬キノコのフリカッセ シャンパン風味
Fricasse de poulet au champagne

二層のガトーショコラ エスプレッソ風味
 最高級タヒチ産 ヴァニラのアイスクリーム添え
Gateau au chocolat

コーヒー・エスプレッソ・カプチーノ・紅茶・ハーブティー
Cafe/expresso/the/infusion



【6480円クリスマスメニュー】

白アスパラガスのムース
Amuse-goule

自家製サーモンのハーブマリネ
Carpaccio de saumon aux herbes

冷製 フランス産 真鴨のロースト ゆずの香り
Canard rotie parfan de yuzu
e0190216_19504328.jpg

オマール海老半身 と ズワイ蟹のスープ
Soupe de poisson

e0190216_19516100.jpg

国産牛フィレ肉とフォワグラ ロッシーニ風
Filet de bouef poelee et sautee de foie-gras sauce vin rouge

e0190216_19514845.jpg

熱々のスフレチョコレート と
  タヒチ産ヴァニラとトリュフのアイスクリーム
Moireau au chocolat et glace au truffe

コーヒー・エスプレッソ・カプチーノ・紅茶・ハーブティー
Cafe/expresso/the/infusion

本当に美味しい 普段ご用意できないようなスペシャルディナーです。是非、いらしてください。


e0190216_1934422.jpg

2016年度 ラビチュード 高級フレンチおせち料理
皆様の御要望にお応えして、ラビチュードの美味しさをたっぷりと詰め込んだフレンチおせち料理です。
限定でご用意させて頂く事になりました。

<内容>  4人前 【二段重ねのお重】
箱のサイズ(内寸):縦205mm×横205mm×高さ50mm

前菜料理
1.とり白レバーのムース ポルト酒風味
2.田舎風 お肉のパテ
3.海老とタコのハーブマリネ
4.サーモンのマリネ
5.キャビア
6.農園野菜のマリネ ギリシャ風
7.南仏野菜のトマト煮込み“ラタトゥイユ“

メイン料理
1.ローストビーフ
2.こだわり豚バラ肉のシェリーヴィネガー煮込み
3.オマール海老のムース仕立て
4.国産牛フィレ肉
5.仔羊のハンバーグ
6.若鶏もも肉のフォワグラ包み
7.フランス産 鴨フィレ肉のロースト 
*お料理内容は食材の入荷状況により一部変更することがございます。ご了承ください。

<お支払い方法>二重段  税込25,060円(おせち23,760円、送料1,300円)
※当店にご来店でのお支払い(恐れ入りますが、お支払いは現金にてお願いいたします。)
※お振込みにてのお支払い(恐れ入りますが、お振込手数料はご負担下さいませ。)
お振込先:さわやか信用金庫 牛込支店 普通口座NO.0971728 名義 ラビチュード 鈴木祐介
お振込みはご注文者様のお名前でお願い致します。
期日までにお支払がない場合はキャンセルとさせて頂きます。

<ご配送について>
※お届けはクール便にて2015年12月31日のお届けになります。
※お届け時間は交通事情により若干の前後がございます。ご了承ください。
※北海道・九州・沖縄等遠隔地は2016年1月1日のお届けになります。
※防腐剤等は一切使用しておりません。お届け後は3日以内にお召し上がりください。
※大変申し訳ございませんが、店頭でのお受け渡しは一切行っておりません。
フレンチレストラン ラビチュード
〒162-0854  東京都 新宿区 南山伏町 3-5 ウインコート神楽坂1F 
TEL&FAX 03-3260-8784
URL http://wp.at-ml.jp/68166/  鈴木祐介

*ご注文をご希望の方はホームページの「おせちのお申込み」よりお願いいたします。
[PR]
by lhabitude | 2015-11-26 18:21
e0190216_22385041.jpg

こんばんは。牛込神楽坂 ラビチュード 料理長鈴木です。

2月に近づき寒さも本格的になってきましたね。明日は朝から雪が降るそうです。

そうそう、神楽坂にある師匠のお店「ル・ロワズィール」が2回目のミシュラン掲載によって、TVで放送されたんですよ。 いいなぁ~ さすがだなぁ~ なんて思いながら、毎日 ただただ 目の前にいらっしゃるお客様を笑顔にするためにがんばっております。

前回が『新年の御挨拶』でしたので、ずいぶん時間が過ぎてしまいました。
まずはお料理のお話ですね。
2品ほどご紹介させて頂いていないお料理があるのでお話しさせて下さい。

新作として
「アンコウの肝 のパイ包み焼き 香草風味」 
アンコウの肝をテリーヌに仕立て、パイに包んでサクサクに焼き上げました。
ソースは酸味のあるソースで香草と焼き立てパイの芳ばしい香りで召し上がっていただきます。
ちょっと人気がありすぎて一日限定5個くらいですかね。

「イタリア産ブルーチーズと北海道産ジャガイモのグラタン」
ゴルゴンゾーラとジャガイモに生クリームを入れてグラタンにしました。

このお料理は実は昨年 冬からご用意していてもうお食べになった方も多くいらっしゃると思うのですが、
クセになる味だと皆さんに喜んで頂いています。

e0190216_22325937.jpg

定番です。
「オーストラリア産 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み こだわりのボルドー赤ワインで」
本日 仕込ませていただきました。今日の赤ワインは2002年のカベルネソーヴィニヨン主体のものに、まだまだ元気な2010年のメルロー主体のものを合わせて煮込んでみました。

譲っていただいている神保町のワイン業者さんには いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
美味しく作って お客様に喜んでいただくことが恩返しになると信じて作っています。


「フランス産 鴨もも肉のコンフィー クルミオイルドレッシングがけ」
当店自慢の看板メニューですが、毎日多くの方に笑顔になっていただいております。
焼き立てのパチパチ弾ける 熱々 パリパリの皮。
ほぐしてみると中から湯気が立ち上ります。 どうぞ、ジューシーな間にお口に運んでください。


e0190216_22345938.jpg

*写真はヤマウズラです。

旬のジビエ
「鳩(ハト)のロースト 赤ワインソース」
「鳩(ハト)とフォワグラのパイ包み焼き」
「エゾ鹿のロースト ジビエソース」

今シーズンは残念ながら「真鴨・青首鴨」の入荷が少なく、
連絡待ちをされているお客様もいらっしゃる位です。

鴨に代わって 「はと」 が今年はメインですね。
クセもきつくなく、「鴨がないなら仕方ないか・・・」とお試しになったお客様にもご好評ですよ。 

エゾ鹿は皆さん 鹿は固いから・・・と敬遠される方が多くいらっしゃいますが、フランス料理で出されるお皿はみんな柔らかいと思いますよ?!
あの美味しさを知らないのは、もったいないのでどこのフレンチレストランでも結構ですので 一度お試し頂いた方が良いですよ。


新しい試みで 「トラベルズー」という会社とリンクして
≪ランチでジビエを食べよう!≫という企画を始めました。
4000円でおつりがくる感じでメインにあらかじめお選びになったジビエがメインで楽しめます。
食べてはみたいけど夜に時間が作れない方 や ジビエ初体験にご利用されるお客様が増えてきています。
2月末でシーズンを終えてしまう旬のジビエをお楽しみください。
詳しくはトラベルズーを検索してくださいね。

e0190216_2235418.jpg

ラビチュードのこれから。

昨年末 お節にチャレンジしましたが、今年は春に
「お花見セット」をご用意しようと 今 頑張っております。
レストランでのご提供と違って 色々と考える要素が増えますが、ワインとビール・チューハイを飲みながら
楽しく笑顔になれる 「春の美味しいおつまみセット」が作れれば良いなと想っております。

以前よりお客様から熱いご要望のある 「パテやレバームース・リエット・・・」の販売を考えております。うちの冷蔵庫を開けたらラビチュードのお肉屋さんセットがあって ちょっとだけ お酒と一緒につまめたら幸せかな? と思います。 

調べてみたら皆さん けっこうお値段がはるのでちょっとイメージが違うなと思っています。
できるだけ安く余計なことはせずに、シンプルにお届けできたらいいな。といった感じです。

e0190216_223140100.jpg


今年も自慢の鴨のコンフィーを看板に。お客様と一緒に笑顔のレストラン作りができたらいいなぁ~と想っています。 まぁ~ たいていのの試みは失敗するのですが、「七転び八起き」の発想で 
前を向いて精進・精進といったところです。
なんだか 沢山書いてしまいましたが、 最後までお付き合いいただき恐縮です。
笑顔を見せに たまにラビチュードへお寄り下さい。 スタッフ一同 精一杯がんばらせていただきます。

ラビチュード 料理長 鈴木祐介でした(笑)
[PR]
by lhabitude | 2015-01-29 22:57
e0190216_206896.jpg


こんばんは。 牛込神楽坂ラビチュード 料理長の鈴木です。
ついに「ジビエ解禁!」しました。
さっそく 北からカルガモが5羽 ・ 北海道からエゾ鹿がやってきました。


2月末まで 美味しい 美味しいジビエをたっぷりご紹介いたします。
まだ、試された事のない方は是非!今年こそ試してください!

ジビエとは狩猟で捕れる季節限定のお肉料理です。

今はまだ 一部の高級店でしか食べられないジビエを
ラビチュードでは皆さんに知って頂く為にほぼ原価でご用意しております。


今年は「ジビエコース」をご用意いたしました。
たっぷりジビエを楽しんでください。
e0190216_2043433.jpg


【¥5000円】

・旬の一口前菜

・ジビエ 青首鴨のコンソメスープ

・前菜(6品以上あるメニューの中からお好きなお料理をお選び下さい)

・[黒板 その日のジビエ]からお好きなものをその場で調理いたします。

・パティシエ特製のおまかせデザート



残念ながらまだまだ馴染みの薄い「ジビエ」 5年後には必ず 「あたりまえ」になっております。
フランス料理業界の少し先のフォーマルスタンダードを経験しておくのに5000円はお高いでしょうか???


e0190216_21261.jpg


さて、いよいよあさって木曜日11月20日にボジョレーヌーボー解禁です。
みんなで今年の初物ワインで楽しみましょうね。


e0190216_21203456.jpg

先程、少し早目のツリーの飾り付けをしました。これは何度しても楽しいものです。
クリスマスディナーは少しずつご予約を頂いておりますが、まだまだお席はご用意できます。
大切な方と素敵なディナーを楽しみに来てください。

★ひとつ前のブログに「おせち」と合わせて詳しい事が載っています。ご覧ください。


・「ラビチュード 高級フレンチおせち料理」
20食限定です。
2段重で (税込・送料込) 22900円 です。
ご注文 お待ちしておりますね。

料理長鈴木でした(笑)
[PR]
by lhabitude | 2014-11-18 23:04 | お肉料理
e0190216_11124263.jpg


明けましておめでとうございます。

今年の初めはフランスから届いた 「キジ と 野生のウズラ」 でスタートです!写真は左がキジ(メス) で 右がヤマウズラ (ペルドロールージュ)です。

キジはしっとりとした肉厚な鶏のささ身 という感じです。 今回はローストにして、鶏ベースに粒マスタードを加えたソースで楽しんで頂こうと思っています。

ヤマウズラはムッチリとした赤身で ジビエの香りがグッと引き出ている感じなので、少し強めの赤ワインソースでジビエらしいお皿をイメージしています。

e0190216_11205329.jpg


続いて 昨日の夕方 届いた新鮮な茨城県で捕れた イノシシのご紹介です。
実は僕自身 イノシシの丸々 半頭を扱うのは初めてで 楽しんで ドキドキしながら調理しています。
いくつかの部位に分かれているので、 

ロースをバターでゆっくりと優しく 火を入れジューシーな柔らかいお肉を楽しんで頂くのと、

挽肉にして冷製のテリーヌに仕上げます。 美味しいですよ!

三つ目に甘みたっぷりの野菜 と イノシシの骨からとったスープで、ポトフを作ろうと思います。
 

テリーヌはこれから 作ろうと思いますが、ローストとポトフは今晩からご用意できますので、たっぷりとイノシシを楽しんで下さいね。

e0190216_11293928.jpg


最後にラビチュード 夏の定番 「仔羊のクスクス」を作っちゃいました! 
ただ単に 僕が食べたかっただけなんですけどね。 今日のランチから登場していますので、お好きな人は顔を出してください! もちろん売り切れ御免で、これを逃したら 本当に「夏」までおあずけですよ(笑)


2月下旬まで続くジビエのシーズンはどんどん入荷 どんどん 低価格で皆さんにジビエを知っていただくため
にご用意いたします。気になる方はご予約の際に一言 ジビエのお話をしてくださると助かります。

食材の関係で切れていることもありますが、ランチ +¥2100円 ディナー+¥1050円でプリフィックスのメイン料理として楽しんで頂けます。

今年もラビチュードは皆さんに笑顔になっていただけるように、頑張っていきます! 本年もよろしくお願いいたします。                  

ラビチュード スタッフ 一同 
[PR]
by lhabitude | 2014-01-10 11:11 | お肉料理
こんにちは。 ジビエ入荷後 毎日のように お客様に楽しんで頂いています。ありがとうございます。

e0190216_1638948.jpg


カルガモ 真鴨 キジ ヤマバト えぞ鹿 と今は ご用意しています。 お料理は写真のように丸ごとローストしてジューシーに仕上げたものを赤ワインソースで楽しんで頂いています。

えぞ鹿は [エゾ鹿のローストこがしバターソース] と、 [エゾ鹿の赤ワイン煮込み パイ包み焼き]の2種類をご用意しました。

すべて お値段は コース料金2940円 + ジビエ料金1050円 の お料理代¥3990円です。

ジビエがなんとなく  別の世界の食事のように感じている方も多くいらっしゃいますが、そんなことはない 何てことない どの季節にもつきものの 【旬】 なだけです。 11月~2月末まで続く この狩猟解禁の旬は思ったよりも 身近に、 思ったよりも手軽に 楽しんで頂けます。 良かったら冬の間に一度いらっしゃって、味わって下さい。         
心よりお待ちしております。                     料理長 鈴木祐介
[PR]
by lhabitude | 2013-11-29 17:03 | お肉料理
e0190216_1701669.jpg


こんばんわ 今日はいよいよ 狩猟が解禁になった 鴨 
ジビエがスタートです。 リストに載るのは火曜日の夜から +¥1000円 でコース¥2940円のメインディッシュでご用意できます。 ジビエは手に入れるのも難しく、 お皿としてご用意するのに通常のお肉の3倍は手間がかかります。 どのレストランでもやはり 一皿 ¥3000円くらいでしょうか? 昨年から引き続き 僕がチャレンジしようとしていることの一つに ジビエの普及です。 ジビエ=高級  =  高級店 で 特別なものという流れを払しょくしたいですね。 
確かに 期間限定で 季節感たっぷり しかも ものすごく美味しい! ときたら やはりお値段は高くなります。 

ラビチュードで一皿 ¥1500円 くらいでお出しできる理由は3つあります。
 ① あくまでも定期購入ではなくて安く仕入れられる時だけの、スポット商品だから。
 ② 手間ひまをかける事が  =  レストランの価値 だと考えているから。 
 ③ そもそも ジビエは普段いらしているお客様への恩返しであるから。 

なんか 気持ちを箇条書きにすると変な感じですが、こんな気持ちです。 
いつも足しげく通って頂いているお客様、ありがとうございます。 ジビエで楽しめるようにしてあります。 いらしてくださいな。 鈴木




【おまけ】
以前にお話しさせて頂いていた、テーブルのサイズを大きくしました。 今回は僕が自分でのこぎりと 釘を使って 作ってみました。  一緒にテーブルクロスを黄色から白に変えてみました。 ちょっと店内が明るく華やかになった気がします。 ジビエを食べに来たついでに そんなところも気にしてきてくださいね。
                                                       鈴木祐介
[PR]
こんばんわ ジビエ 解禁!! ですね。 ラビチュードも気軽にジビエを感じて頂けるように できるだけお安く、メニューに加えようと思っています。 真鴨 や キジバト エゾ鹿 とぞくぞく入ってくる予定です。
e0190216_22423731.jpg

それ以外に 新メニューを加えてちょっと強気で行こうと思っています。 
鴨とフォワグラのパイ包み ・ エゾ鹿とフォワグラのブリック包み ・ トリュフと帆立貝の茶わん蒸し ブリオッシュ添え 

【ラビチュードの衣替え】

3月に新オーナーになり  6月に看板を付け替え 
今回11月に テーブルを少し大きくして、テーブルクロスも白を基調とした新しいデザインに新調することにしました。 少しずつ 少しずつ お客様がより居心地の良い空間になるように 少しずつです。
新しくなったら 改めて写真をアップ させて頂きますね。 皆さん 少し変わったラビチュードを楽しみに来てください。

【ボジョレ ヌーボー 解禁 11月21日】

世界で一番早く 開ける今年のボジョレはどうでしょうか?!
今年も美味しいと前評判が良いので楽しみですね。 
ラビチュードではグラスでも楽しんでいただえるように¥630でご用意します。
ボトルでは 4000円 と7000円くらいの2種類ですね。 



 
[PR]
by lhabitude | 2013-11-14 22:44 | お肉料理
e0190216_17274826.jpg


こんばんは 料理長の鈴木です。 ん~ 正直 暇ですね。 先週は週末に盛り上がり 何とか、かんとか。今週はどうでしょうかね???  

今日のランチは奥様方で埋め尽くされた感じでした。有り難いですね。本当に皆様のおかげです。 ありがとうございます。

つい 写真とは全く関係ない近況報告で始まってしまいましたが、 
明日から「カッスーレ」という鴨・豚・仔羊と沢山のお肉が入った、グラタンを出します!
毎年 続けているこの熱々グラタン  今年のヴァージョンはなんと さらに エゾ鹿で作ったソーセージが入っちゃいます! 是非 食べにいらして下さいね。




e0190216_1740194.jpg
 

僕の中では11月からと決めているタルトタタン

八百屋さんから美味しい 紅玉りんごを頂戴しましたので、フライングで作っちゃいました!
明日から限定 6人分でメニューに登場します。よろしかったらこちらもどうぞ。
神楽坂近辺のケーキ屋さんのタタンにはぜ~~~たい負けないですよ 笑

*最近 訳が分からなくなるほど神楽坂にケーキ屋さんが増えているんですよ。
[PR]
by lhabitude | 2013-10-08 17:48 | お肉料理