タグ:フランス ( 124 ) タグの人気記事

こんにちは。 牛込神楽坂 ラビチュード料理長の鈴木です。

今回は夜の定番メニューをご紹介します。


【ディナーメニュー】
¥2800(税込3024)

3種類のチョイススタイルで楽しんで頂いています。

ラビチュードコース   前菜 + 前菜  + メイン 
よくばりコース     前菜 + 魚(おまかせ)+メイン
クラッシックコース   前菜 + メイン + デザート
 
単品デザート   税込¥432 
コーヒー・紅茶   税込¥216


【冷前菜】
e0190216_1125244.jpg

ズワイガニとアボカドのマヨネーズ和え
Avocat au crabe et a la mayonnaise

e0190216_1414319.jpg
       
ワラサのカルパッチョ 
Carpaccio de warasa

e0190216_14151048.jpg

田舎風お肉のパテ・豚と鴨のリエット・とり白レバーのムース
Assiette de charcutiere

e0190216_14161369.jpg

冷製 若鶏もも肉のフォワグラ包み
Poulet au foie-gras au raisin



【温前菜】


e0190216_14204956.jpg

茹でたて白アスパラガスの自家製鴨の生ハム添え
Asperge blanche cuir et jambon de card fais ma maison


e0190216_14231971.jpg

エスカルゴとキノコのブルゴーニュ風
Sautee d’escargots au champignons avec chpeau de mille-feuille


【メイン料理】

e0190216_14252913.jpg

厚切り豚肩ロース(200g)のポワレ 黒コショウ風味
*こだわり!この厚みがジューシーさを引き出します. 
Echine de porc poelee au poivre noir


e0190216_14263717.jpg

オーストラリア産 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
*こだわりのボルドーワインで! Joue de bouef braisee au vin rouge

 

骨付き仔羊背肉のロースト  
Carre d’agneau rotie


e0190216_1428419.jpg

フランス産 鴨もも肉のコンフィー
   クルミオイルドレッシング  
Confit de canard a la vinaigrette de noix


【デザート】


e0190216_1435714.jpg

クレーム・ブリュレ ピスタチオ風味
Crème brulee au pistache

e0190216_14331425.jpg

特製モンブラン
Mont-Blanc


e0190216_14364426.jpg

しっかりチョコレート
Fondant chocolat

e0190216_14374577.jpg

特製 ティラミス
Tiramisu


e0190216_14383273.jpg

洋梨の焼きプリン
Clafoutis au poire
[PR]
by lhabitude | 2014-05-15 11:26 | 料理
e0190216_23152331.jpg
e0190216_2315110.jpg

こんばんは。 料理長の鈴木です。 先程 クリスマスツリーを飾り付けました!大きなこのツリーを飾り付けると自然とクリスマスの実感が湧いてきます。
今日は色々なサンタさんをご紹介します。 まだまだ 居ますので、いらっしゃったら探してみてくださいね!

¥6000円 スペシャルクリスマスメニューのご用意は20日~25日です。
コースは いつもの選べるプリフィックスコース¥2940円 と おまかせスペシャルクリスマスコース¥6000円の2本立てです。
まだまだ お席に余裕がございます。 まだ ご予約を承っていない方はお電話くださいね。
特別なクリスマスディナーをスタッフ一同 盛り上げていきます。どうぞ 素敵なクリスマスをお過ごしください。
Merry christmas !

e0190216_23161013.jpg
e0190216_2317163.jpg
e0190216_23164069.jpg
e0190216_23173278.jpg
e0190216_23171288.jpg
e0190216_2318518.jpg
e0190216_23174897.jpg

[PR]
こんばんわ 今日はマメにアップできていないので まとめて秋のラビチュードの味覚をご紹介です。

e0190216_21544697.jpg

新登場!! 【豚バラ肉のシェリーヴィネガー煮込み 橙(ダイダイ)風味】
以前から作ってみたかった料理で 甘さと酸味のバランスが美味しい 柔らかいとろける煮込みですね。
季節の橙(ダイダイ)の皮を直前にすりおろして風味付けをしています。
橙は皆さんのイメージだと お正月のお餅の上に乗っているオレンジ色のものですよね。
僕はまだ まっ青な酸味の強いものを使います。 今日 写真はご用意できませんでしたが、とっても美味しい橙のシャーベットもメニューに載りましたよ。


e0190216_21553499.jpg

3年ぶりに【北海道産 ホタテ貝と白身魚のテリーヌ バジルソース】を作りました。
ソースはバジル風味のマヨネーズソース 今回はランチでお出しして、好評をいただきました。来週 今度は夜のメニュー用に中央にオマールエビを挟んで ご用意しようと思います。 作る前から美味しいだろうなとワクワクしています。


e0190216_21563236.jpg

僕がお魚の高級食材を使いたくなった時に尋ねる 築地のお魚屋さんに今回はサバをいただいてきました。ちょっと高くて贅沢な感じです。 ハーブの入った塩で一晩マリネして、白ワインヴィネガーで身と味を引き締めます。 〆サバ フレンチヴァージョンですかね。 脂が乗って酸味がきいて、山盛りサラダと一緒にいただきます。 おいしいですよ~


e0190216_21571410.jpg

今回 特別にサンプルとして極上 クリームを頂戴いたしました。 お菓子作りを任せている 僚君にティラミスにしてもらいました。美味しい 美味しい 美味しい!!! こんな感じです! 舌触りがなめらかな事 この上ないですね。 正直 今まで食べた中で一番おいしいですね。 (笑)


e0190216_21573559.jpg

きれいに写真が撮れたので。 という理由の一枚です。 偶然なのですが、 神秘的な写真になりました。水の中に入っているのは NZ産 ビーツです。 きれいでしょ! 黄色い ゴールデンビーツ と渦巻き状に白と赤のコントラストがきれいなビーツ。 両方とも茹でると甘くて 株のしっかりしたような食感で美味しいですよ。さすがにこのビーツたちはスーパーには並んでいないんじゃないかな?!と思って できるだけ ランチにも出せるようにと 心がけています。


e0190216_21582356.jpg

この間 ご紹介した 12月の土曜日ランチに行われる 酒屋ブドウ屋さんとのコラボ
「ワイン会クリスマス企画」のお料理が決まったので一足お先にご紹介です。

前菜は 定番 【田舎風お肉のパテ と とり白レバーのムース ポルト酒風味】
ワインはフランスだけでシャンパンから10種類のご用意ができますので、楽しんで頂けたら良いなと思います。


e0190216_2223295.jpg


【鮮魚のポワレと茸のクリームソース トリュフ添え】
お魚はその日の朝にピンピンのものをご用意しようと思います。 せっかくのクリスマス会なのでちょっと贅沢に黒トリュフを添えようと思います。


e0190216_2224192.jpg


【オーストラリア産 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み】 
これもすっかり 定番ですが、 やはり ボルドーの赤ワインにはラビチュードのホホ肉はベストマッチだと思います。やわらかくて 美味しくて 安心な一皿ですね。

やはり 秋 冬 寒さが増して行くにつれて 濃くて魅力的な食材が増えてきます。 次々に料理も追っかけて行こうと思いますので次回も楽しみにしていてくださいね。

あっ そうだ! 近々 ぐるナビ 食べログ ではない正式な ラビチュードホームページを作ることにしました! ファンクラブなんかも作って行こうと考えています! ラビチュード好きな人 集まれーー! っていう感じです。 みんなで美味しいご飯に囲まれて 楽しい時間を過ごしましょうね。  鈴木祐介でした(笑)
[PR]
by lhabitude | 2013-10-25 14:29 | 料理
こんばんわ 明日からお盆休みをいただきます。
普段 東京にいる僕たちは今回、美味しいご飯を求めて 秋田 岩手 千葉とそれぞれ 行ってきます。

7月・8月と沢山のお客様にご来店いただき、本当にありがとうございました。
お休みで英気を養って また元気に美味しい空間をご用意できるように頑張ります。

8月20日のランチより通常通り 11:30~ スタートします。よろしくお願いします。  鈴木
e0190216_22545559.jpg
 
[PR]
e0190216_9544155.jpg

生でも食べられる美味しいとうもろこしの冷たいスープに完熟の宮崎マンゴーを添えて夜のメニューにオンリストしております。 大好評ですよ!


夏・夏・夏ですね! こんにちは3月から新オーナーになり 7月からサービスマンのスタッフも加わり 今まで5年間 2人体制でやってきたので 3人で さぁ~これからどういう風にお客様に楽しんでもらおうか?! あれもいいなぁ~ これもいいなぁ~ なんて考えています。 そこで今日は今やっている企画をご紹介しようと思います。 


「+¥2100で赤・白ワイン ソフトドリンク 2h飲み放題企画」

この企画は3年くらい続いている 皆さんにご好評の企画ですね。 始めたころはご同業先輩たちから白い目で見られて苦しかったですね。 なにせ クラッシックなお料理を学び続けて 「今」があるので、 当然 先輩たちはクラッシックで、しかも繁盛店ばかりです。 そんなころにクーポンで飲み放題があります! なんて言っていたので辛かった。  まぁ~ 結果的にお客様にこうやって支持を得られたので良かったなと思っていますけどね。 皆さん トータル¥5000円で安心して楽しめるので 気楽で使いやすいとおっしゃって頂いています。



最近 熱い企画がコレ!  「入札制ワイン企画」
僕たちが15年以上前から寝かせて置いているワインを 僕がオーナーになった記念で皆さんに楽しんでもらおう!という企画です。 90年代の美味しいワインを楽しく 飲んで頂きます。 そのワインの値段を皆さんに決めて頂きます! 要は気軽に 今日の楽しい食事代はいくらかな?!という感じです。 ワイン自体はものすごく美味しいので、完全にサービスです。 

僕が念願のオーナーになれてHappyで、皆さんが楽しくお食事ができてHappyで、  だったら 今でも大変な思いをされている方々に 少しでもお役にたてればと ワインのお値段の20%をその場で募金箱に寄付させていただく事にしました。 HappyでHappyだからHappyになってもらわなきゃ!ですね。



e0190216_10294930.jpg

いろんなハムのサラダ仕立て!です。 10種類くらいのサラダに旬の白アスパラを添えてガッツリと頂きます。



「ワイン持ち込み¥1000円 企画!」
これは気軽な感じで考えた企画なのですが、案外 皆さんにご好評を得ていますね。
レストラン業界の常識では、コース分のお値段を頂くというのが、普通ですね。 うちで言ったら¥3000円ですかね。 やっぱり自分のお店の飲み物をなんで頂きたい気持ちが強いんですよね。 

高級フランス料理店にお祝いの日に伺って 思い出の年代のワインを用意する場合はそれでいいと思うのです。 お祝いの日に見合ったプレゼンテーションでとても楽しく過ごせますよね。
だけど 僕が思う持ち込みワインは いつも飲んでいるワインをみんなで楽しく飲みたい!とか、 お誕生日のプレゼントで家にあるんだけど飲む機会を待っているとか。 

ワインは間違いなく楽しいいつものメンバーと美味しいご飯を囲んで飲む方が美味しいんです!
みんなで¥1000円だったら 気にならないですよね! ひと時の楽しい時間を思いっきり過ごして下さいな。




「女性グループ 2名以上はお一人¥1000円で美味しい赤ワイン飲み放題! 企画」です。
これは楽しいと思うんですよね! 1000円で飲み放題ですよ。女子会にもってこいだと思いますね。
ワインは先程も言いましたが、美味しいんですよ! 食べて しゃべって 飲んで 楽しんで・・・・・ 
 
男であることが残念です。



最近 話題の中心にいる 「俺のフレンチ」 立食フレンチなんて思いもついませんでした(笑)
僕は伝統と格式のあるフレンチ業界への 「殴り込み!」  大賛成ですね(笑) だって楽しいじゃん!っていう感じです。 もちろん たのしい って とおっしゃる方の気持ちは十分わかりますが、 あまりにもお高く留まっていたフレンチ業界が刺激されて良かったと思っています。

ラビチュードも居酒屋ではなく、まっとうなフランス料理店としては群を抜いて 東京で一番のコストパフォーマンスを保っていると思っています。 実際 コース料理で¥2940。ワインを一人1本開けても¥5000円は他には無いですよね。 俺のフレンチのように宣伝は打てませんし、 神楽坂通り沿いのように人も流れていませんが、楽しくおしゃべりをして食卓を囲むのには 最適なレストランだと思うんですよね。 



e0190216_1184582.jpg

豚のカシラのカリカリ焼き! です。コラーゲンたっぷりで女性に大人気です。



さぁ~ 今回は長かったなぁ~ たっぷり書いてしまいました。
そうそう 最近困ったことがあって悩んでるんです。 築地で 八百屋さん 魚屋さん 特別に卸してもらっているお肉屋さんなど、 長いお付き合いになると少ないけど これ持っていく?! って極上の食材を安く分けてもらえることがあるんです。 が、 メニューに載せられないんです! 結局 自分たちで味見をして終わっちゃうみたいなことになるんです。  

お客様に安く極上を届けられないことが とてもとても 嫌なんです。 

だから今回 僕のファンクラブを作っちゃいました。 まだ小さくて 全然 伝えられていないのですが、興味があったら スタッフに声をかけてくださいね。 美味しいものを少しだけ 一緒に楽しみましょうね。
                                                    鈴木祐介
[PR]
by lhabitude | 2013-07-17 10:19 | 新企画!
e0190216_21192142.jpg
こんにちは 約2か月ぶりのブログ更新となってしまいました。いろいろな方にご心配をおかけしてしまっていたようで申し訳ございません。 いつものようにバタバタと過ごしておりました。   すみません

まず ご報告があります。

今まで 7年間お世話になってきた「ラビチュード」をオーナーの「ロワズィール料理長 大坂さん」から譲り受け 2月25日より新ラビチュードのオーナーになりました。

大坂さんにはこの7年間 大変お世話になり、料理人としてのストイックな考え方やお客様への愛情、スタッフへの真摯な対応… いろいろなことを学ばせていただき、かつ 経験させていただきました。
譲っていただいた店舗(ラビチュード)にしても 大坂さんにお支払いするお金は一切なく 無料でちょうだい致したたしだいです。 感謝してもしきれない気持ちです。 



これからのラビチュードですが、ほとんど何も変わらずに 今まで通り がんばっていこうと思います。
「ラビチュード L'habitude」 の店名も大好きなのでそのまま使わせていただこうと思っています。
ランチ・ディナーともに値段の変更はなく ¥1050・¥1580 / ¥2940 でできる限り お客様へ美味しいものを提供できるように頑張っていきます。

正直にお話ししますと、お金がないので店内改装も時間を追って少しずつと考えております。 できることから少しずつですね。

年末年始にご来店された一部のお客様にだけ、今回のお話をさせて頂いていたのですが、素敵なお花を数多く頂戴し 感激いたしました。あらためて 皆さんに支えられて今があると感謝した瞬間でした。

これから 新米レストランオーナーとして また1からスタートを切らせていただけることになりました。
今まで以上にスタッフやお客様・家族の愛情を力に 皆様に笑顔になっていただけるよう精進し 努力していくつもりです。 これからもよろしくお願いいたします。
                                                    鈴木祐介

e0190216_2155119.jpg
e0190216_2161541.jpg

 
[PR]
e0190216_1731155.jpg

e0190216_17362661.jpg



こんばんわ 遅ればせながらラビチュードもクリスマスメニューを公開です。
お値段は¥4500円です。 もちろん ¥2940円のプリフィックスコースもご用意します。

(一口サイズのアミューズ)
若鶏もも肉のフォワグラ包み       poulet au foie-gras

(前菜)
生ウニのフラン 天使の海老添え Franc d'ursin 

(スープ)
旬の農園野菜たっぷりのコンソメスープ soupe aux leguems

(メイン)
オーストラリア産 仔羊のロースト 
   ハーブの衣をまとって         Carre d'agneau rotie a la persillade

(デザート)
熱々のとろけるチョコレートケーキ     
    練乳とイチゴのアイスクリーム添えmoireau au chocolat et sa glace a la fraise

(食後のお飲物)
コーヒー/紅茶/ハーブティー/エスプレッソ/カプチーノ cafe



今年のクリスマスメニューは普段の営業ではなかなかお出しすることの難しいお料理を、クリスマス風にアレンジして楽しんでいただけるようにしました。

大きなクリスマスツリーと共にお待ちしております(笑)                   料理長 鈴木
[PR]
e0190216_21505616.jpg

こんばんわ あと2時間でボジョレ 解禁ですね!!
今年も昨年に引き続き 2種類 ご用意しました。
僕の大好きな 大好きな ナチュラルなワインをつくる マルセルラピエールさんです!!
でも お亡くなりになられてしまいました(泣) で、息子さんの登場です!
ずっと一緒にワイン作りをされてきたという事でとりあえず 今年のボジョレ ムフフ 楽しみです。
今年は例年に比べて 収穫量が少ないとのこと。 どうですかね? この飲むまでわからないこの時間がたまりません。
ちなみに お値段は¥8100です。 ラビチュードとしては高価なボトルですね。でも 本当に美味しいんですよ。 

毎年お忙しい中 都合をつけてボジョレを飲みにいらっしゃる常連の6名様がいらっしゃるんですよ。
皆さんの笑顔を今年も見れるかと思うとワクワクします。

e0190216_21511059.jpg


こちらは激安ボジョレです! 皆さん ボジョレって安いワインと思っていませんか?! 
実はグラスワインでも¥1050円はいただかないといけない 結構高いワインなんですよ!
そこで通常グラスワインの値段で美味しいものを出せないかと思って探し出したのがこれ!
¥630ですよ! フレッシュなボジョレをがぶ飲みするのにピッタリです。
やっぱり ラビチュードにはお財布に安心がないといけませんよね。
[PR]
by lhabitude | 2012-11-14 22:14 | ワイン
e0190216_18504370.jpg


こんばんわ タラとジャガイモをペーストにした 冷製の前菜 「ブランダード」を作ってみました。
築地で以前より 目にしていたタラですが、ふと 季節がそろそろ使ってもよいかな?!と思わせられ、買ってきました。 さっそく 香草と牛乳 タラ じゃがいもを鍋に入れてゆっくりと火を入れていきます。
いろいろな作り方はありますが、僕はこのやり方が味に一体感が出て好きですね。 くたくたになるまで茹でて、あとはペーストにするだけ オリーブオイルを仕上げに入れて味をまとめます。

本来はこの白いペーストを冷たくして、パンなどを添えてみんなでいただくのですが、今回は南仏野菜のトマト煮込み「ラタトゥイユ」を下に引き 上からブランダード。 その中央にくぼみを作り卵を落とします。 パルメザンチーズを振り掛けて15分程オーブンへ。 グツグツとブランダードグラタンの出来上がり。 卵のトロッとした食感とホクホクのジャガイモのペーストがたまりません。 

昔からラビチュードへ いらしていただいている初老の御婦人が疎開の時代に大嫌いになったという「ジャガイモ」も、この料理なら美味しく頂けるとおっしゃって頂いています。
 寒くなったころにお久しぶりですと、突然 食べにいらっしゃるのですが、 僕も彼女の事を考えながら味見をしたりしています。





e0190216_18533484.jpg
e0190216_18534444.jpg


今日のパンはライ麦粉を使ったバゲットタイプの香ばしいパンです。

お客様に有名な塩麹をいただきました。(僕には全く分からないのですが)
で、 入れてみました。 塩麹パン?? 残念ながら食べても麹の香りはライ麦にかき消されてしまいましたが、たまには 皆さんに噂になっているものを使って料理をしてみるのも 自分にとっていい刺激となりました。新しいまだ使ったことのない食材はとても楽しかったです。
[PR]
by lhabitude | 2012-10-30 19:23 | お魚料理
こんばんわ 本格的に寒くなってきましたね。 いよいよ クリスマスのイメージをしながら冬へ向かいます。


e0190216_2115205.jpg

一品目は「イチジクの赤ワインコンポート パンデピス添え」です。
2週間後に控えたボジョレヌーボー 今年はどうですかね?! 美味しいのが飲めると良いのですが…
そんなボジョレーをイメージして作ったデザートです。 みなさん ヴァンショー って聞いたことありますか?
赤ワインに香辛料や蜂蜜をいれて温めていただく 心も体もあったまる素敵な冬の飲み物です。
このヴァンショーでイチジクをコンポートにしました。 そこに沢山の香辛料(エピス)を入れて焼き上げたパン?ケーキ!を温めて添えてあります。 冷たいアイスクリームは「練乳」をたっぷりと使って贅沢に仕上げてあります。赤ワイン・香辛料・イチジク に対してミルキーで甘い 練乳のアイスクリームを添えたわけです。
イメージから追ってできたデザートですが、満足しています。 美味しいので季節限定ですが、食べてみるとついつい 笑顔がこぼれるデザートです。

e0190216_2124755.jpg

さぁ~ 二品目は秋・冬の定番 タルトタタンです。 これは寒くなると必ず用意する焼きリンゴのタルトです。タルトとは名乗っておりますが、下に引いてあるのはパイ生地をサクサクに焼き上げたものです。
シナモンやお砂糖と共にリンゴをオーブンの中に入れること二時間~三時間 表面ツヤツヤで中がふわっとしている焼きリンゴ。僕の技術ではまだまだですが、何回もチャレンジしているうちになんとなく イメージするツヤツヤ ふわっができるようになってきました。 これまた おすすめのデザートです。

e0190216_2125998.jpg

豚の内臓ソーセージ アンドゥイエット オンリストです。 ジューシーな直腸を使ったアンドゥイエットを¥2940のプリフィックスで食べられるのはここだけだと 勝手に確認もせず、自負しております。 正直 ただの自己満足ですね。 同じ業界でかつ マニアックな手間のかかる料理をニヤニヤしながら作っているような方にしか選んでいただけません。 当然ですよね。だって 同じチョイス枠に エゾ鹿・鴨・フォワグラ・牛ほほ肉・イベリコ豚・・・ 自分で言うのもなんですが、このメンバーに勝てるような料理ではありません(笑) 誰かに見つけていただいて その方の食べる瞬間の笑顔に満足するような 自己満足のお料理でした。 たまにはこんな料理もいいかな?!と思っています。                           鈴木
[PR]
by lhabitude | 2012-10-28 21:56